• ホーム
  • 音楽
  • B’z、5年ぶり5度目の劇場版『名探偵コナン』主題歌「今までと違う気分で制作」

B’z、5年ぶり5度目の劇場版『名探偵コナン』主題歌「今までと違う気分で制作」

 人気ロックユニット・B’zの書き下ろし新曲「世界はあなたの色になる」(発売日未定)が、劇場版シリーズ20作目となる『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』(4月16日公開)の主題歌に起用されることが25日、わかった。B’zが主題歌を担当するのは、劇場版では5年ぶり5度目。「主題歌を担当させていただき光栄です。劇場版は回を重ねるごとにストーリーが深まっていき、今回はコナンという作品の持つ影の部分もかなりクローズアップされていて、楽曲のほうも今までと違う気分で制作しました」とコメントを寄せている。

 東都水族館にやってきたコナンたちは、謎の記憶喪失の女性と出会う。彼女は、左右の瞳の色が異なる“オッドアイ”の持ち主だった。瞳の特徴から、灰原はその正体が組織のNo.2=ラムかもしれないと恐れる。時を同じくして、世界各国で黒ずくめの組織による暗殺事件が発生。FBI・赤井秀一の捜査により、日本警察から各国のスパイのリスト「ノックリスト」が盗まれた事が判明する。

 シナリオを読み、いつもとは違う「コナン」の影の部分にインスパイアされたという主題歌は、B’zの二人が原作者の青山剛昌氏の想いを汲み取り、一緒に物語を構築するかのような歌詞とメロディーが出来上がった。主題歌が使用されている90秒の予告編映像も解禁された。

 B’zと『名探偵コナン』の出会いは、1999年の映画『名探偵コナン 世紀末の魔術師』の主題歌「ONE」が始まり。青山氏がB’zの大ファンだったことがきっかけで主題歌を依頼し、その後も青山氏がコナンとB’zのイラストを描き下ろすなど“共演”は続き、劇場版&テレビアニメシリーズを含め9曲もの楽曲を提供。劇場版10作目、15作目、そして今回の20作目と節目を彩る作品には必ずB’zの楽曲が使用されている。

 また、刑事ドラマ『太陽にほえろ!』シリーズの音楽などを手がけた大野克夫氏が作曲した『名探偵コナン メイン・テーマ(純黒の悪夢ヴァージョン)』のギターパートを松本孝弘が演奏することも決定。メイン・テーマを主題歌アーティストが演奏するのは、20年の歴史の中で初めてとなり、コラボで20周年を盛り上げる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス