• ホーム
  • 音楽
  • 乃木坂46新曲ジャケ写は写真集風 センター深川初ソロ曲収録

乃木坂46新曲ジャケ写は写真集風 センター深川初ソロ曲収録

 人気アイドルグループ・乃木坂46が、深川麻衣が初のセンターを務める14枚目のシングル「ハルジオンが咲く頃」(3月23日発売)のジャケット写真と収録内容を公開した。

【写真】その他の写真を見る


 ジャケット写真は、全国の高校生を長年撮り続けているカメラマン・小野啓氏が、メンバーの等身大の姿を撮影。写真の多くはあえてフィルムで撮影され、写真集や作品集としても楽しめる仕上がりとなっている。

 タイトルの“ハルジオン”には「追想の愛」「雑多な環境にも芽を出す」という花言葉があることから、既に卒業を表明し、今作が最初で最後のセンターとなる深川の地元・静岡をはじめ、東京・渋谷周辺、2014・15年の『真夏の全国ツアー』ファイナルの地、明治神宮野球場の3ヶ所で3日間にわたって撮影が行われた。

 本作は初回仕様限定Type-A・B・C・D(いずれもCD+DVD)、通常盤(CD)の5形態。カップリングには全種共通で2曲目に「遥かなるブータン」(生田絵梨花・伊藤万理華・衛藤美彩・齋藤飛鳥・堀未央奈・若月佑美)が収録されるほか、深川の初ソロ曲「強がる蕾」(Type-A収録)、前作「今、話したい誰かがいる」で白石麻衣とWセンターを務めた西野七瀬のソロ曲「釣り堀」(Type-C収録)などが収められている。



関連写真

  • 乃木坂46の新曲「ハルジオンが咲く頃」で“最初で最後の”センターを務める深川麻衣(写真はType-A)
  • 乃木坂46の14thシングル「ハルジオンが咲く頃」Type-B
  • 乃木坂46の14thシングル「ハルジオンが咲く頃」Type-C
  • 乃木坂46の14thシングル「ハルジオンが咲く頃」Type-D
  • 乃木坂46の14thシングル「ハルジオンが咲く頃」通常盤

オリコントピックス