• ホーム
  • スポーツ
  • 猫ひろし、マラソン特化に葛藤「芸人としてどうなんだ…」

猫ひろし、マラソン特化に葛藤「芸人としてどうなんだ…」

 お笑いタレントの猫ひろしが25日、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催中の『東京マラソン2016 EXPO』内のトークイベント『猫式“マラソンコンディショニング”実践法』に登場。おなじみの衣装で登場すると「カンボジアから来日中の外タレ(外国人タレント)の猫ひろしです!」と元気よくあいさつした。

 28日に行われる「東京マラソン2016」に出場するランナー向けのトークイベントとあって、猫は“アスリート”として「当日はエネルギーを使うので、糖質はきちっと取ったほうがいい。僕は前日にカステラを2切れくらい食べるようにしてます」とレース直前の調整法を力説。熱心にメモを取る参加者もいたことから「とても芸人の話じゃないですね。適当なこと言えないな…」と芸人活動とのギャップに驚いた。

 猫は現在、コーチをつけて30キロのランニングを毎日こなしていると明かすと「昔だったら、土日は学園祭で忙しかったんですけど、今はマラソン大会で忙しい。芸人としてはどうなんだっていうのはある」とマラソンに特化することへの葛藤を告白。それでも「東京マラソンも走ります。2月28日は“ニャニャーの日”なんです。私、猫ひろしの日だと思ってますんで、自己ベスト出しますので、期待しといてくださいニャー」と力強く宣言していた。



関連写真

  • 芸人としての葛藤を明かした猫ひろし=『東京マラソン2016 EXPO』内トークイベント『猫式“マラソンコンディショニング”実践法』 (C)ORICON NewS inc.
  • マラソンスタイルで登場した猫 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス