• ホーム
  • 映画
  • 藤岡弘、『仮面ライダー』45周年に感慨 撮影の傷は「歴史」

藤岡弘、『仮面ライダー』45周年に感慨 撮影の傷は「歴史」

 俳優の藤岡弘、細川茂樹西銘駿が25日、都内で行われた特撮テレビドラマ『仮面ライダー』シリーズの放送45周年を記念したゲーム『仮面ライダーバトライド・ウォー創生』のプレミアム発表会に出席した。

 今年は、45周年の記念として今月25日に同ゲームを発売し、3月26日には映画『仮面ライダー1号』が公開される。メモリアルイヤーを迎え、仮面ライダー1号を演じた藤岡は「あっという間の45周年。色んな感慨深いものがあって、一言じゃ話せないね」としみじみ語った。

 当時はCG演出などはなく、文字通り“体当たり”の演技で初代ライダーを熱演。「生死をさまよったけど、あのアクシデントも無駄ではなかった。体中に針金が入っていて、裸になるとサイボーグみたいで体中が傷だらけですけど、歴史を背負っているんだなと改めて実感する」と壮絶な撮影時を振り返りながら思い出にひたっていた。

 細川(仮面ライダー響鬼)、西銘(仮面ライダーゴースト)ら後輩を横に「どんどん若い世代が育っていき、未来につながっていく。45人の仮面ライダーが私の後に続いて仮面ライダーを引き継いでくれた」とほほ笑むと「この作品をこよなく愛してくれるファンがいてくれたからこそ存続したという感謝の気持ちを絶対に忘れてはいけない」と言葉に力を込めていた。

 藤岡の言葉に真剣な表情で耳を傾けていた細川は「背筋が伸びる。僕はリアルに仮面ライダーと同い年で、藤岡さんのその後のドラマも観ていた。尊敬する大先輩です」。藤岡と初対面だという西銘も「すごい緊張しているけど、とても光栄です」と羨望の眼差し。

 最新ライダー『ゴースト』として現在、奮闘中の西銘から「ヒーロー力をもっと磨くには?」とアドバイスを求められた藤岡は「自分の心の持ち方、心構えをしっかりと据えて、何事も学びで人生修行。そのうちに色んなことに気づくし、それが映像に反映される。一生懸命、真剣に精を出して頑張れば大丈夫だよ」とエールを送っていた。




関連写真

  • 仮面ライダー1号を演じた藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)仮面ライダー響鬼・細川茂樹、仮面ライダー1号・藤岡弘、、仮面ライダーゴースト・西銘駿 (C)ORICON NewS inc.
  • ゲーム『仮面ライダーバトライド・ウォー創生』のプレミアム発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス