• ホーム
  • 映画
  • E-girls・Ami、ディズニー新作の日本版主題歌に決定「夢のよう」

E-girls・Ami、ディズニー新作の日本版主題歌に決定「夢のよう」

 E-girlsとしても活動する女性ダンス&ボーカルグループ・DreamのAmiが、ディズニー・アニメーションの新作『ズートピア』(4月23日公開)の主題歌「トライ・エヴリシング」を歌うことが23日、わかった。作品の舞台となる動物たちの楽園、ズートピアのポップスター・ガゼル役の日本語版声優にも挑戦するAmiは「このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です」と喜んでいる。

 同作は、動物たちが人間のように暮らし、人間顔負けの超ハイテク文明社会を築いた楽園“ズートピア”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー。

 ヒロインは、ウサギのジュディ・ホップス。幼い頃から憧れていたズートピア初のウサギの警察官になるが、小さくかわいらしすぎる彼女は半人前扱い。そんなある日、立派な警察官になる夢を信じるジュディの前に、ズートピアを揺るがす史上最大の事件が起こる。

 「トライ・エヴリシング」は、ジュディが夢を叶えるため“ズートピア”へと旅立つ時、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲。アップテンポな曲調に「失敗したって、何度でも頑張るわ!」という前向きなメッセージが込められた応援ソングで、本国ではシャキーラが歌っている。

 『アナと雪の女王』をはじめディズニー・アニメーションの全て手掛けているミュージック・スーパーバイザーのトム・マクドゥーガル氏は「Dream Amiの歌をいくつか聴かせてもらったのですが、一発で気に入りました。もともとJ-Popが大好きなんですが、彼女はこの曲を歌うのにピッタリのアーティストですし、まさしく完璧なチョイスだと思いますよ」と起用の経緯を明かしている。

 歌唱力はもちろんのこと、聴く人の気持ちを奮い立たせる表現力が必要とされる難しい曲だが、プロデューサーのクラーク・スペンサー氏は「ノリのいいポップソングではありますが、アーティストはそこに込められた想いやメッセージをきちんと心で感じ取って歌う必要があります。彼女の歌声からは、それがしっかりと伝わって来ます」とコメントを寄せている。

 Amiは「多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとてもうれしく、幸せに感じております」と喜びをかみ締め、「全力で臨ませていただきます」と意気込んでいる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス