• ホーム
  • 音楽
  • Crystal Kay新曲MVで「胸キュン」 古川雄輝&小島梨里杏が共演

Crystal Kay新曲MVで「胸キュン」 古川雄輝&小島梨里杏が共演

 歌手・Crystal Kay初の桜ソング「サクラ」(3月23日発売)のミュージックビデオ(MV)が23日に公開され、俳優の古川雄輝(28)がMV初出演で主演を務めていることがわかった。女優の小島梨里杏(22)と共演した。

【写真】その他の写真を見る


 「はかない恋は、桜のように」という楽曲の世界観を、幼なじみの同級生の淡い恋のドラマとして表現するため、今月6日、早咲きの桜で有名な静岡県南伊豆町で撮影。監督はGReeeeNの「キセキ」「夢」、JUJU「桜雨」のMVを手がけた直(ちょく)氏が務めた。

 世界中を飛び回っているカメラマン・春樹の高校時代と現在を演じた古川は「普段やらせていただいている映画やドラマとは異なる雰囲気。とてもきれいなロケーションで楽しく撮影させていただきました」と振り返り、「これから桜が満開になるシーズンにぴったりな曲だと思います」とお気に入りの様子。

 同級生の櫻子を演じた小島は「高校1年生から27歳までを演じさせていただきました。幼なじみの2人の青い春と共に、忘れられない恋と成長を描いています。2人の間でしか生まれない何かがあったのかな…と撮影していて感じました。だからより本当に大切な思い出としてしまうことを選んだ2人をすごいと思いましたし、これでまたひとつ成長し強くなっていくのだと思いました」と作品を解説した。

 撮影シーンを観ていたCrystal Kayは「胸キュンになりました(笑)」とときめき、「高校時代の回想シーンがあるのですが、自分自身の高校時代のピュアな感覚が蘇りました。すごくステキな映像作品ができあがりました!」と自信をにじませた。

【ストーリー】
 幼なじみの春樹と櫻子は高校まで一緒で、いつも喧嘩してじゃれあうような関係。でも心の奥ではお互いのことが気になっていた。2人は自分の気持ちに正直になれないまま卒業式を迎える。卒業後、春樹はニューヨークに留学してしまう。卒業式の後、感情を抑えきれない櫻子は、思わず春樹にキスをする。数年後、学生時代の想い出の桜の下、偶然に再会してしまう2人。櫻子は婚約者と並んで歩いている。2人が出した未来への結論は…。

■Crystal Kay「サクラ」Music Video
https://youtu.be/e_Dn24BjXo4



関連写真

  • Crystal Kayの新曲「サクラ」MVに出演した古川雄輝と小島梨里杏
  • 自身初の桜ソングを3月23日に発売するCrystal Kay
  • 櫻子の15歳(左)から27歳(右)まで12年間を演じた小島梨里杏
  • 櫻子の15歳(左)から27歳(右)まで12年間を演じた小島梨里杏

オリコントピックス