• ホーム
  • 芸能
  • 谷原章介、1年ぶり連ドラ主演 「医療事故調査制度」描く

谷原章介、1年ぶり連ドラ主演 「医療事故調査制度」描く

 俳優・谷原章介が4月よりスタートするテレビ東京系連続ドラマ『ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜』(毎週金曜 後8:00)で1年ぶりに主演することが23日、明らかになった。谷原が同局の主演を務めるのは初めて。昨年10月に開始した医療事故の原因究明と再発防止を目的とした「医療事故調査制度」(※)をテーマに、事故の背景に潜む闇を暴くヒューマン医療ミステリーで、一話完結型のオリジナル作品となる。

 谷原が演じるのは、架空の組織「医療事故調査委員会」、通称『MAIC』第七班の調査員で、医療関係者や患者たちの真実に迫る主人公・華岡慧(はなおか あきら)。私生活では、結婚を誓いながら亡くなった婚約者・琴塚七海が遺した血のつながらない6歳の娘・琴塚よつ葉、母の育世と暮らしているという役どころ。

 毎年、1300人から2000人と推計されている医療事故の死者。患者と医者、両方の立場から事件の謎に挑む慧という役について、谷原は「これまで医療事故や医療過誤の問題の調査班の話はなかったのでやりがいがある、切り口が面白いなと思いました」とコメント。

 「同じ手技を持って同じミスなく同じ状態で同じような手術をしても、片方は助かって片方は亡くなったりするくらい、命は不確かなもの。今回は患者さんとお医者さん、同じ地平に立って真ん中で、その医者が命に対してどう向き合っていたのか、倫理観を問うことが多いのかなと思います」と真摯に受け止めている。

 また一見クールだが中身は熱い、そんな慧のキメせりふは「命に嘘をつくな」。「命が関わる事件の謎を解いていくミステリーの要素もありますが、命ってどういうものなのか、家族とはなんなのか、それにどう向き合うべきなのか、視聴者の方に見ていだきたい」とアピールしている。

 この他キャストは後日、発表される。

 ※事故が発生した医療機関において院内調査を行い、その調査報告を民間の第三者機関(医療事故調査・支援センター)が収集・分析することで再発防止につなげるための医療事故に係る調査の仕組み等を、医療法に位置づけ、医療の安全を確保するもの。



オリコントピックス