• ホーム
  • デジタル
  • V6の実写恋愛ゲーム『ラブセン』が「GREE Platform Award 2015」で初の総合大賞

V6の実写恋愛ゲーム『ラブセン』が「GREE Platform Award 2015」で初の総合大賞

 人気グループ・V6の撮り下ろし写真を使った実写恋愛ゲーム『ラブセン〜V6とヒミツの恋〜』が、先ごろ開催された「GREE Platform Award 2015」で総合大賞を受賞した。恋愛ゲームにおける同賞の受賞は史上初となる。

 「GREE Platform Award 2015」とは、「GREE Platform」で提供しているアプリの中から、2015年1月1日から12月31日までの期間を対象として、累計コイン消費額、ユーザー数、ユーザーの利用状況などを総合的に判断し、優れたアプリを表彰するもの。

 『ラブセン』は、V6の撮り下ろし写真を使った国内アーティスト初の恋愛ゲームで、ユーザーは広告代理店で働くOLとして、偶然にV6のメンバーと出会い、“秘密の恋”を育んでいくというもの。メンバーそれぞれの個性に応じた甘い会話を楽しめ、ファンはもちろん、誰もが憧れるデートや出来事などが織り込まれており、理想の恋愛体験ができるとして高い評価を得ている。

 同作は2013年度、2014年度の2年連続で「GREE Platform award」恋愛シミュレーション部門の最優秀賞を受賞し、第9回目となる2015年度では、初の「総合大賞」に選ばれた。



オリコントピックス