• ホーム
  • 芸能
  • 超特急1号車・コーイチ、警官役でドラマ出演「とてもいい経験」

超特急1号車・コーイチ、警官役でドラマ出演「とてもいい経験」

 7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急が主題歌を担当している関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜 後10:00)に、メンバーが“役者”として出演する。トップバッターとして1号車・コーイチが23日放送の第6話に登場する。配役は警察官。ソロでは初のドラマ出演となり、主演の遠藤憲一と共演シーンの撮影に臨んだ。

  同ドラマは、遠藤演じる51歳の保が美蘭(みらん/蓮佛美沙子)との28歳差婚を決意。ところが、彼女の父親・花澤紀一郎(渡部篤郎)も51歳。同い年だが生き方も性格も正反対の保と紀一郎が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、大人げなく激しくぶつかる姿をコミカルに描く。

 撮影当日、現場に現れたコーイチは監督からシーンの説明を受けた後、「緊張しているんで、何か一言アドバイスをください!」とガチガチだったが、遠藤とのリハーサルを終え、監督の「大丈夫?」の問いかけには、「大丈夫です!」と力強く答え、本番へ。

 撮影後、遠藤は「本番前に『自由にやっていいから』ってアドバイスしたんだけど、自由にやり過ぎちゃって、俺の後に言うせりふを、先に言っちゃってた(笑)」と暴露。コーイチは照れ笑いしながら「遠藤さんの演技を間近で見られて本当に感動しました。さっきまで“遠藤さん”として話していたのに、本番になると“保っちゃん”に一瞬で変わってるんです! 一流の役者さんって本当にすごいですね。とてもいい経験になりました」と興奮気味に話していた。

 コーイチは第6話のどのような場面出演するのか? 第7話以降も超特急メンバーのサプライズ出演が続く。



関連写真

  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』第6話(2月23日放送)に超特急・1号車コーイチがゲスト出演。遠藤憲一と共演(C)関西テレビ
  • コーイチ単独でドラマ出演するのは今回が初めて(C)関西テレビ

オリコントピックス