• ホーム
  • 芸能
  • 秋野暢子、遠藤憲一と姉弟役で共演「周りから似てるって」

秋野暢子、遠藤憲一と姉弟役で共演「周りから似てるって」

 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜 後10:00)の第6話(23日放送)より、主演の遠藤憲一(54)演じる大道寺保の姉・留美子役で出演する女優の秋野暢子(59)。撮影現場では遠藤と秋野が一緒にいると、本物の姉弟のように“似ている”と話題になっている。

 秋野も「周りから『遠藤さんと似てる!』ってすごく言われるんです。エンケンさんご本人にも『秋野さん、似てますよね、俺たち』って言われました。二人とも割と細身なので、一緒にいると姉弟みたいなのかなと思います」と認めている。

 遠藤と秋野がドラマで共演するのは今回が初。秋野は「自分の方が年下だと思っていたんですけど、私が4つも上だったのでショックでした」としながらも「とてもフランクで人懐っこい方だから、私もスッと気持ちが入りました。今ではこのドラマの現場以外で会っても、『大丈夫かな、弟…』と心配になっちゃいます(笑)」とすっかり“お姉さん”だ。

 ドラマは、遠藤演じる51歳の保が美蘭(みらん/蓮佛美沙子)との28歳差婚を決意。ところが、彼女の父親・花澤紀一郎も51歳。同い年だが生き方も性格も正反対の保と紀一郎が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、大人げなく激しくぶつかる姿をコミカルに描く。紀一郎を渡部篤郎が演じ、遠藤とW主演を張る。

 遠藤の恋する中年男の演技に「エンケンかわいい!」といった声も上がっている中、秋野の娘もその一人であることが判明。「私の娘が22歳の大学生なのですが、エンケンさんのファンらしいんです。『何で?』と聞いたら、『すごくかわいい!』と言っていました。役柄としてはコワモテの役が多かったと思いますので、はにかんだ感じが逆にかわいいのでしょうね。この年で恋愛をしている姿を演じるのは、小恥ずかしいとは思いますが、楽しんで演じてらっしゃると感じますね」。

 51歳でいまだ独身の弟を心配する姉・留美子は、28歳も年下の美蘭との結婚を聞かされ仰天。チクチクと小言を言って美蘭を困惑させる。さらに留美子は、保を敵視する紀一郎に噛みついていき、大道寺家と花澤家の全面対決に発展しそうな気配も。

 「やっぱり“姉弟愛”ですよね。お姉ちゃんとしてやきもちもあると思うんですよ。気の弱いダメな51歳の弟を一生懸命に思っている。ただ、ちょっと変わったお姉ちゃんなので引っ掻き回してしまうんですけど…(笑)。そのへんのバランスをご覧いただければと思います」と話していた。

 保にとって留美子は強力な援軍となるのか? それとも結婚への大きな障害となるのか?



関連写真

  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』で姉と弟を演じる秋野暢子と遠藤憲一(C)関西テレビ
  • 51歳の弟・保(遠藤憲一)が結婚しようとしている相手が28歳も年下と聞いてヤキモキ(C)関西テレビ
  • 美蘭(蓮佛美沙子)とは嫁・小姑の関係になり、保と美蘭にさまざまな影響を与える

オリコントピックス