• ホーム
  • 映画
  • 蛭子能収、不潔イメージを釈明「実は清潔できれい好き」

蛭子能収、不潔イメージを釈明「実は清潔できれい好き」

 漫画家でタレントの蛭子能収が21日、都内で行われた映画『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』の公開記念トークショーに出席。午前中の上映ながら劇場には大勢の観客が駆けつけ、「こんなにたくさんの方が来てくれるとは思わなかった。テレビで観てもいいのにわざわざ家から来ていただいて…。本当にありがとうございます」と冗談を交えて感謝した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、2007年からテレビ東京系列で放送され、人気と支持を集めているバラエティー番組の劇場版。レギュラー出演者である太川陽介と蛭子のコンビが台湾へと飛び出し、ゲストの三船美佳と路線バスを乗り継いだ旅を繰り広げる。

 劇中では「民宿に泊まるのが嫌だ」といい、涙を流していた蛭子。「民宿が苦手。寝るときだけは一人だけの部屋で、きれいなところで寝たいんです」と本音を吐露。「不潔のようなイメージがあるけど、実は清潔できれい好き」と強調し「トイレもウォシュレットが無きゃ嫌だ。だからトイレに行くのがすごい嫌だったんです」と愚痴をこぼして、笑わせていた。

 イベントにはそのほか、ナレーションを務めたキートン山田、越山進プロデューサーが出席した。



関連写真

  • 「実は清潔できれい好き」をアピールした蛭子能収 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』の公開記念トークショーに出席した(左から)キートン山田、蛭子能収 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』の公開記念トークショーに出席した蛭子能収 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』の公開記念トークショーに出席した蛭子能収 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス