• ホーム
  • 芸能
  • 千原ジュニア、Jrの話題に赤面 狩野英孝に「5股6股ずっと続けて」

千原ジュニア、Jrの話題に赤面 狩野英孝に「5股6股ずっと続けて」

 お笑いコンビ・千原兄弟千原ジュニア(41)が20日、都内で行われた自著『このたび、便所は宇宙である』出版記念イベントを行った。独身貴族を謳歌するも昨年9月末に年貢を納め「特に変わりはないですけど、結婚は今のところ非常に良いですよ。最初に懸念していたほどの心労もないです」と順調ぶりをアピールした。

【写真】その他の写真を見る


 結婚から半年を経て「きのうも木村祐一さん家族と、フットボールアワーの後藤(輝基)家族とウチの家族で食事をした。そん時に後藤の子どもを見てたら、まぁめっちゃかわいいですよね」と笑顔に。

 自身のジュニア誕生も期待されるが「まだ二人でいいかなという感じです」。報道陣から「奥さんとは、そんな甘いんですか?」と追求されると「まぁね…普通ですよ」と照れ、子作り解禁は「あと2〜3年後くらいじゃないですか」と赤面した。

 その話題の一方、芸人界隈では狩野英孝のモテっぷりが常に話題に。「全然知らなかったし、全く興味ない」と前置きした上で「これで小さくまとまってしまうのだけはやめてほしい。このまま5股6股ずっと続けてほしい。ラーメン・つけ麺・そうめん・にゅうめん・担々麺みたいにね」と珍エールを送っていた。

 同書は、週刊誌『週刊SPA!』(扶桑社)で連載中のコラム「すなわち、便所は宇宙である」の第5弾。単行本の特別版として、東野幸治とのサシ対談も収録されている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 自著『このたび、便所は宇宙である』出版記念イベントを行った千原ジュニア (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス