• ホーム
  • 音楽
  • 超新星・グァンス、結婚後神戸移住を懇願 「神戸ナンバーの車が欲しい」

超新星・グァンス、結婚後神戸移住を懇願 「神戸ナンバーの車が欲しい」

 韓国出身の男性ボーカル・ダンスグループ、超新星が18日、東京・メルパルクホールで開催された『‘2016-2018 韓国訪問の年記念 韓日観光交流フェスティバル』に出演。ライブなどで日本各地を訪れるグァンスは、「神戸が好きです。いつか結婚して神戸に住みたいぐらい」と明かし、「特に神戸という漢字が好きです。なので、神戸ナンバーの車が欲しい」と望んだ。

【写真】その他の写真を見る


 現在舞台に出演中のグァンスは、イベントの途中に少し遅れて参加し、「ドラマチックにダンスを踊っているときに来て欲しかった」と登場の仕方をユナクがダメ出し。また、体を鍛えているゴニルに、観客から「見せて〜」コールが起こるも、恥ずかしそうにし、「完璧になってから(体を)見せたいみたい。(今)筋肉が留守番中です」(ユナク)と笑いを誘った。そのユナクは、美容に気を使っているようで、「とても良い化粧品があって、1回で10万円くらい買う。一番大切なのは日焼け止めを塗ることです」と独自の美容法を語った。

 ソウル・テハンノ出身のジヒョクは、「劇場がたくさんあって、デートスポットもある。日本ではまだあまり知られていないのでチェックして欲しい」、イルサン出身のゴニルは、「日本でいう横浜のようなところ。アーティストだけが住めるヘイリ芸術村やイングリッシュ・ビレッジがあって、ソウルから遊びに来る人も多い」とそれぞれの出身地の良さ語った。さらに、韓国観光名誉広報大使を務めるアンミカは韓国・チェジュ島出身で、「自然がいっぱいで、美味しい海産物をたくさん食べていた。毎日走り回っていましたね」と幼少期の思い出を語った。

 “日本で好きな場所”についてトークが進むと、母親と仲良しのジヒョクは、「箱根におっかさんと行きました。空気も良いし、温泉卵も美味しいし、年を取ったら箱根に住みたい」と言い、「将来は?」とグァンスに聞かれ、すかさず「お母さんと住みたい」とママボイ(日本語でマザコン)ぷりを発揮した。一方のゴニルは、「『海街diary』と観て、鎌倉に行きたいなと思いました。大好きな『スラムダンク』も鎌倉(が舞台)だった」と言い、隣にいたユナクが聞き間違えたのか、「キャバクラ!?」と突っ込んでいた。

 この日は、人気曲「Winner」や「Shining☆Star」など7曲を歌唱。「みんな手を挙げて〜」などとメンバーが観客を煽り盛り上がった。ソンモは、「皆さんにも韓国のいいところを紹介したい。時間があれば(韓国に)遊びに来てください」とアピールした。

 同イベントは、‘2016-2018韓国訪問の年’制定を記念し、日本からの訪韓需要の促進と、日本と韓国の更なる観光友好交流を促進するために開催された。第1部では、韓国を代表するノンバーバルパフォーマンス集団「NANTA」や和太鼓ユニット「遊坐楽座(ユウザラクザ)」らがパフォーマンスを披露した。



関連写真

  • 超新星 (C)oricon ME inc.
  • 超新星のユナク (C)oricon ME inc.
  • 超新星のグァンス (C)oricon ME inc.
  • 超新星のソンモ (C)oricon ME inc.
  • 超新星のジヒョク (C)oricon ME inc.
  • 超新星のゴニル (C)ORICON NewS inc.
  • アンミカ (C)oricon ME inc.

オリコントピックス