• ホーム
  • 映画
  • 『ダ・ヴィンチ・コード』映画シリーズ第3弾 10・28日米同時公開決定

『ダ・ヴィンチ・コード』映画シリーズ第3弾 10・28日米同時公開決定

 米国の小説家ダン・ブラウン氏の同名ベストセラーをロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』(2005年)、『天使と悪魔』(09年)に続く、第3弾『インフェルノ』が10月28日より日米同時公開されることが決定した。

 ダ・ヴィンチの名画に隠された謎で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』。ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』。ラングドン教授が次に迫るのは、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に秘められた暗号だ。

 イタリア・フィレンツェ、ベネチア、トルコ・イスタンブールなど世界中を駆け巡り、その知性を駆使して、ボッティチェリらの数々の有名美術品や建築物から暗号を読み解きながら、全世界を揺るがす大きな陰謀に挑む。脚本は『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『ミッション:インポッシブル』『スパイダーマン』などのデヴィッド・コープが担当している。

 主人公のハーヴァード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授にハンクス。ラングドンとともに謎を追う美貌の女医シエナに『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネート、「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品『ローグ・ワン:ア・スターウォーズ・ストーリー(原題)』に主演するフェリシティ・ジョーンズ。ほかに、『最強のふたり』のオマール・シー、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のイルファン・カーンらが出演。

 初日決定とともに公開された場面写真2枚は、ラングドン教授とシエナの2ショット。1枚は、美術品と観光客であふれるイタリア・フィレンツェの名所ウフィツィ美術館の廊下にいる二人。2枚目は、薄暗い部屋の中で何かを指さすラングドンとそれを見つめるシエナ。ラングドンが手にするのは、詩人ダンテのデスマスクだ。その裏側に、いったいどんな手がかりを見つけたのか?

 なお、原作小説『インフェルノ』(訳:越前敏弥)の文庫本が角川文庫より今月25日に上中下3巻で発売される。日本での発行部数は『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』、そして『インフェルノ』の単行本合わせて1440万部にのぼり、いずれもベストセラーとなっている。



関連写真

  • 映画『インフェルノ』(10月28日公開)イタリア・フィレンツェの名所ウフィツィ美術館の廊下で何かを見つけた?主人公ラングドン教授(トム・ハンクス)と女医シエナ(フェリシティ・ジョーンズ)
  • 詩人ダンテのデスマスクを手にするラングドン教授と女医シエナ

オリコントピックス