• ホーム
  • 映画
  • クリス・パイン、実在の“英雄”たちと対面 『ザ・ブリザード』特別映像解禁

クリス・パイン、実在の“英雄”たちと対面 『ザ・ブリザード』特別映像解禁

 アメリカ沿岸警備隊(コーストガード)史上最も偉大で最も不可能な救出ミッションとして語り継がれている「SSペンドルトン号の救出劇」を描いた映画『ザ・ブリザード』(27日公開)。主人公バーニーを演じたクリス・パインが、当時の過酷な救出劇に挑んだ“英雄”に対面する特別映像が18日、公開された。

 特別映像には、64年前の2月18日、実際に救助活動にあたった沿岸警備隊員のアンディ・フィッツジェラルドとメル・ガスローが登場し、クリスと共演のケイシー・アフレックと対面する。

 製作初期段階から本作に協力している2人は、「漁師には行くなと言われた。『正気の沙汰じゃない』と。しかし、当時の沿岸警備隊のモットーは『出動はしなければならない、だけど帰ってこなければならないというわけではない』というものだったんだ」と当時を振り返った。

 英雄たちと対面したパインは、「バーニーはこの映画が作られる前に亡くなっていた。でもバーニーの親友だったガスにも、アンディにも会えたことで、僕はバーニーの人となりを知ることができたんだ」と語り、「敬意を表して、誠実に演じたい」と真っすぐな表情で決意をあらわにしている。

■『ザ・ブリザード』特別映像
https://youtu.be/GeBvVNFxMsE



オリコントピックス