「東北魂ビール」初の一般発売へ

 東北の酒造メーカーが共同で作り上げた高アルコールなラガービール『麦酔ラガー』が、2000本限定で一般発売された。震災復興の一環で2013年11月よりスタートした「東北魂ビール プロジェクト」によるもので、一般発売されるのは今回が初めて。貯蔵工程で熟成させたラガースタイルビールで、アルコール度数8.6%ながら飲みやすく、美しい金色が特長となっている。

【写真】その他の写真を見る


 世界レベルのビール醸造をすることで企業と地域の発展を目指し、岩手県の「いわて蔵ビール」、福島県の「みちのく福島路ビール」、秋田県の「あくらビール」の3社が立ち上げた同プロジェクト。5回目となる今回はさらに2社が参加し、ノウハウや技術を出し合いながら同商品を醸造した。

 クラフトビールブームの今、全国各地にある約200ヶ所以上のビール生産工場が工夫を凝らしたオリジナルビールを手掛けているが、同プロジェクトに参加する5社はさまざまな賞を受賞してきた実力派揃い。「いわて蔵ビール」(岩手)と「みちのく福島路ビール」(福島)は「ワールドビアカップ」での受賞経験があり、「あくらビール」(秋田)は15年に「ワールドビアアワード」で、「仙南シンケンファクトリー」(宮城)はインターナショナルビアカップで金賞を受賞している。

 各種世界大会で高評価を受けた各社が築いてきた技術を結集して作られたのが今回の『麦酔ラガー』で、高アルコールならではの香りやボディはそのままに、宮城県産のゆずを使用することで、さっぱりとしたのど越しと後味を実現した。高アルコールのビールにするため、麦芽を通常の2倍以上使用。麦をたくさん使用し、「楽しく酔える」「麦の味に酔いしれてほしい」ことから麦酔(ばくすい)と、と名づけたという。

販売ルートはオンラインショップのみで、価格は税抜600円。



関連写真

  • 麦の風味が豊かな『麦酔ラガー』
  • 東北のビールメーカー5社が共同制作
  • 東北魂ビールの製作ディスカッションの様子
  • 東北魂ビール醸造の様子
  • 宮城県産のゆずの風味を利かせた飲みやすさが特徴
タグ

オリコントピックス