• ホーム
  • 映画
  • 倉科カナ、下ネタ連発の撮影回顧「あんな下品なことを…」

倉科カナ、下ネタ連発の撮影回顧「あんな下品なことを…」

 女優の倉科カナが18日、都内で行われた映画『珍遊記』(27日公開 山口雄大監督)の完成披露舞台あいさつに出席。主演・松山ケンイチがほぼ全裸で演じる山田太郎を従えて天竺を目指す坊主・玄奘(げんじょう)役を務めた倉科は、大勢の観客を前に丸刈り頭に袈裟姿で怪演した撮影現場を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 原作でもおなじみのお下劣セリフを連発した倉科。オファーを受けた際に周囲から「大丈夫?」と心配されたというが「(撮影時は)なんか麻痺しちゃってて…」と笑いながら回顧。「撮影を終わってから引いてみると、あのときあんな下品なことを言ってたなんて…。すごく自分でもびっくりしています」と照れ笑いを浮かべていた。

 漫☆画太郎氏によるギャグ漫画を松山を主演で実写化した同作。松山は「原作のファンですし、雄大さんとも是非、長編を一緒にやって面白い世界に行きたいと思っていたので、この作品はベストでした」と話し、観客たちに向けて「いろいろとなんとなく下ネタみたいなところも入ってきてるけど、規制されてないから面白かったら公開の時にお子さんを連れたり、家族とかを巻き込んで劇場に足を運んでもらえたら」と呼びかけた。

 舞台あいさつにはそのほか、溝端淳平鬼ヶ島のアイアム野田、脚本を担当したおおかわら、山口雄大監督が出席。また同作に出演していないドランクドラゴン鈴木拓がキャスト陣たちに交じって、しれっと“乱入”。「全く出ていませんし、作品に関係ありません。溝端さんが無茶するから」とぼやくと、溝端は「袖にいたから出ちゃいましょうよって」と笑いながら経緯を明かしていた。



関連写真

  • 下ネタ連発の撮影を回顧した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.
  • ほぼ全裸で主人公を演じた松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)アイアム野田、おおかわら、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、鈴木拓、山口雄大監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつに出席した (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつに出席した(左から)溝端淳平、鈴木拓 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『珍遊記』の完成披露舞台あいさつに出席した(左から)溝端淳平、鈴木拓 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス