• ホーム
  • 音楽
  • 【グラミー賞】ジョニー・デップらスーパーバンドがテレビ初パフォーマンス ギターソロも披露

【グラミー賞】ジョニー・デップらスーパーバンドがテレビ初パフォーマンス ギターソロも披露

 俳優ジョニー・デップ、歌手アリス・クーパー、ロックバンド・エアロスミスのジョー・ペリー(G)が昨年結成したスーパーバンド「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」が、16日(現地時間15日)に米ロサンゼルスのステイプルズセンターで開催された世界最高峰の音楽の祭典『第58回グラミー賞授賞式』でテレビ初パフォーマンスを披露した。同ステージは、英国出身ロック・バンドのモーターヘッドのリーダー、故レミー・キルミスターさんを追悼したもので、メインの3人に加え、ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン(B)らも参加した。

 ハリウッド・ヴァンパイアーズは、「アズ・バッド・アズ・アイ・アム」や「エイス・オブ・スペード」をパフォーマンスし、デップは途中華麗なギターソロも披露した。また、歌手のレディー・ガガは故デヴィッド・ボウイさんの追悼パフォーマンスを披露。山本寛斎さんがデザインした「出日吐暴威(デヴィッド・ボウイ)」と漢字が書かれたマントを羽織りステージに登場し、白いパンツスタイルでボウイ氏の名曲をメドレーで歌唱。“ボウイ愛”溢れるステージを披露した。

 このほか日本人では、小澤征爾氏が指揮した「Ravel:L’Enfant Et Les Sortileges; Sheherazade(ラヴェル:「こどもと魔法」)」で「最優秀オペラ・レコーディング」を受賞。小澤氏は今回が8回目の『グラミー賞』ノミネートで、80歳にして初めての栄冠を掴んだ。また、俳優の渡辺謙が主演したミュージカル『王様と私』が「最優秀劇場ミュージカル・アルバム」で、Shin Nishigakiがビデオプロデューサーを務めた米ラッパー、エイサップ・ロッキーの「LSD」が「最優秀ミュージック・ビデオ」にノミネートされたが、両者ともに惜しくも受賞を逃した。

 同授賞式では、レディー・ガガによる故デヴィット・ボウイさんの追悼パフォーマンスのほか、ケンドリック・ラマーやテイラー・スウィフト、アデル、ジャスティン・ビーバーらがパフォーマンスを披露。この模様は、WOWOWで本日午後10時より再放送される。



関連写真

  • ハリウッド・ヴァンパイアーズ(写真左からジョニー・デップ、アリス・クーパー)(写真:Getty Images)
  • ハリウッド・ヴァンパイアーズ(写真:Getty Images)

オリコントピックス