• ホーム
  • 映画
  • なだぎ武、ピスタチオの“白目芸”をアレンジ「僕のバージョンです」

なだぎ武、ピスタチオの“白目芸”をアレンジ「僕のバージョンです」

 お笑いタレントのなだぎ武が16日、都内で行われた映画『X‐ミッション』公開直前イベントに出席。この日、インフルエンザでイベントを欠席したピスタチオの小澤慎一朗のピンチヒッターとして登場したなだぎは、伊地知大樹と即興でコンビを結成した。

 2人は登場するなり、ピスタチオの十八番“白目芸”であいさつ。安定の白目を見せる伊地知に対して、なだぎは“黒目”のまま。司会者から「それ、黒目ですから。ピスタチオは白目なんですよ!」とツッコミを入れられるも「僕のバージョンです」とかわして“黒目”を貫いた。

 映画の内容にちなみ、プロライダーの池田貴広氏が、BMX(競技用自転車)で横になった伊地知となだぎの上を飛び越える企画も実施。助走距離が短かったためにギリギリでの成功となったが、なだぎは「池田さん、僕の靴にタイヤがちょっと当たりましたよ!」と若手芸人さながらのリアクションを見せて盛り上げていた。

 同作は、元アスリートの若きFBI捜査官・ジョニーユタが、エクストリーム・スポーツのカリスマが率いる超一流アスリート犯罪集団に潜入捜査をするストーリー。20日に公開される。イベントにはそのほか、筧美和子も登場した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス