• ホーム
  • 芸能
  • 田村正和から北川景子へリレー 松本清張の旅情ミステリー2夜連続放送

田村正和から北川景子へリレー 松本清張の旅情ミステリー2夜連続放送

 俳優の田村正和(72)が主演するテレビ朝日系スペシャルドラマ『地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理〜』(3月12日 後9:00)と、女優の北川景子(29)が主演する同『黒い樹海』(3月13日 後9:00)が2夜連続で放送されることが決まった。両作とも巨匠・松本清張の長編推理小説が原作の旅情ミステリーだ。

 『地方紙を買う女』は金沢を中心とした石川県が舞台。地方紙で連載を持つ小説家・杉本隆治(田村)が、他殺の可能性が疑われる心中事件と、自分の小説が「面白いから」という理由で購読依頼をしてきた謎の女性・芳子(広末涼子)との関連性を探り、アシスタントの田坂ふじ子(水川あさみ)とじりじりと真犯人を追い詰めていく。

 一方、『黒い樹海』は長野県を中心に展開。姉の事故死に疑念を抱いた笠原祥子(北川景子)が真相を求めて孤独な調査を進めていくと、魑魅魍魎(ちみもうりょう)のごとき“容疑者たち”が次々と不審死を遂げ、誰が敵で誰が味方か分からない恐怖に包まれる。向井理沢村一樹小池栄子らが共演する。

 過去に幾度となく清張作品に出演し、『松本清張二夜連続ドラマスペシャル』の冠を掲げた『三億円事件』(2014年)でも主演を務めた田村は「松本清張作品は物語や謎解きに奥行きがあって、深いという印象があります」とコメント。今回の役が小説家であることを念頭に置きつつ、「ほとんど地で演じていました。探偵でもなければ刑事でもないわけですから、捜査に関しては素人であるところを見せたい。最後の謎解きのシーンが刑事ドラマっぽくない」と見どころを挙げる。

 北川は「田村さんを中心とした『地方紙を買う女』は、おそらく誰もがうなずく“ザ・松本清張”! 対する2夜目の『黒い樹海』は、全体的に役者も若いですし、いい意味でイメージが多少変わる“新しい松本清張”」と分析。「こういう松本清張もいいね、と若い世代にも受け入れていただける作品になると思います。私も1夜目の放送を心から楽しみにしています」と目を輝かせていた。



関連写真

  • 松本清張二夜連続ドラマスペシャル『地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理』(3月12日放送)は灰色の空の下に広がる雄々しい能登の日本海、『黒い樹海』(3月13日放送)では壮大な北アルプスを望む真っ白な雪景色を背景にしたイメージカット(C)テレビ朝日
  • 『地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理』(3月12日放送)に出演する田村正和(中央)、広末涼子(右)、水川あさみ(左)(C)テレビ朝日
  • 『黒い樹海』(3月13日放送)に出演する北川景子(中央)、向井理(右)、沢村一樹(左)(C)テレビ朝日

オリコントピックス