• ホーム
  • 音楽
  • 【グラミー賞】レディー・ガガ、“漢字衣装”でデヴィッド・ボウイさん追悼

【グラミー賞】レディー・ガガ、“漢字衣装”でデヴィッド・ボウイさん追悼

 世界的人気歌手のレディー・ガガが16日(現地時間15日)、米ロサンゼルスのステイプルズセンターで開催された世界最高峰の音楽の祭典『第58回グラミー賞授賞式』で故デヴィッド・ボウイさんの追悼パフォーマンスを披露した。山本寛斎さんがデザインした「出火吐暴威(デヴィッド・ボウイ)」と漢字が書かれたマントを羽織りステージに登場し、白いパンツスタイルでボウイさんの名曲をメドレーで歌唱。“ボウイ愛”溢れるステージを披露した。

【写真】その他の写真を見る


 『グラミー賞』は、ボウイさんの訃報前にレディー・ガガにパフォーマンス披露を依頼。訃報後、多くのアーティストから追悼ステージへの出演オファーが殺到したが、予定通りレディー・ガガが追悼ステージを担当することになった。

 同パフォーマンスの音楽監督は、1983年のボウイさんのヒット曲「レッツ・ダンス」プロデュース」して以来、親交の深いシックのナイル・ロジャースが務めた。ボウイ氏は18ヶ月におよぶ闘病の末、先月10日に69歳で他界。誕生日である1月8日に、2年10ヶ月ぶり31枚目のアルバム『★』(ブラックスター)を発売。遺作となった同作は、週間2.0万枚(累積売上2.7万枚)を売り上げ、1/25付週間アルバムランキングで5位(前週9位)に上昇した。ボウイさんのアルバムTOP5入りは、2013年3/25付で『ザ・ネクスト・デイ』が5位を獲得して以来2年10ヶ月ぶりとなった。

 同授賞式では、ケンドリック・ラマーテイラー・スウィフトのほか、俳優ジョニー・デップ、歌手アリス・クーパー、ロックバンド・エアロスミスジョー・ペリー(G)が昨年結成したスーパーバンドのハリウッド・ヴァンパイアーズアデルジャスティン・ビーバーらがパフォーマンスを披露。また、レディー・ガガによる故デヴィッド・ボウイさんの追悼パフォーマンスも行われた。この模様は、WOWOWで本日午後10時より再放送される。



関連写真

  • ガウンには漢字で「出火吐暴威」(=デヴィッド・ボウイ) 写真:Getty Images
  • レディー・ガガ、グラミー賞でデヴィッド・ボウイさんを追悼(写真:Getty Images)
  • レディー・ガガ、グラミー賞でデヴィッド・ボウイさんを追悼(写真:Getty Images)
  • グラミー賞に登場したガガは“漢字衣装”でデヴィッド・ボウイを追悼(写真:Getty Images)

オリコントピックス