• ホーム
  • 芸能
  • 今井絵理子「大切な人がいます」…ブログで交際認める

今井絵理子「大切な人がいます」…ブログで交際認める

 今夏の参院選に自民党の比例代表候補として出馬を表明した人気女性グループ・SPEED今井絵理子(32)が20日、自身のブログを9ヶ月ぶりに更新し「政治は希望」と改めて出馬への決意表明、音楽活動継続も宣言。ファンや関係者への感謝とともに、出馬後に報じられた地元・沖縄の同級生との交際についても「あたたかく見守ってください」と呼びかけた。

 16日発売の『週刊女性』で半同せい中で事実婚状態との男性がいると報じられていた今井は「報道にもあったように、去年からわたしを支えてくれている大切な人がいます。障がいに対する理解が多いにあるのでとても助かっています。あたたかく見守ってください」と交際を認めた。

 今井は、2004年に結婚したロックバンド・175RのSHOGOとの間に同年、長男が誕生。その後、07年に離婚しシングルマザーとなり、08年には長男が感音性難聴だったことを告白。以降は習得した手話を使ったイベントを開くなど、積極的にボランティア活動に参加し今月9日、東京・千代田区の同党本部で出馬会見を行った。

 昨年5月以来となるブログは「決意の日。」とのエントリーで更新し「2月9日の会見・・・初めての事でとても緊張していました」と振り返った。

     ◇

今夏の参院選に自民党から出馬を決意いたしました。

長くなりますが、わたしの想いを綴ります。

私が21歳の時、耳の聞こえない息子を産みました。
それまでは歌の世界で生きて来て、世の中の仕組みに無知だった私に、子育てや障がい…様々なことが一気に押し寄せてきました。

どうすればいいのか分からなかった私を助けてくれたのは、同じ境遇のお母さん達でした。

その中で様々な思いを抱えて子育てをしている人々に出会い、誰も気付かないところで苦しんだり困っているのを知り、当事者として少しでも社会を変えて行く事が出来ないかと考えていました。
私も最初は何も知らなかったのですが、実際に育児や障がいに面した事によって意識が大きく変わりました。

差別や問題は知らない事から生まれる事を見てきました。
大げさに何かをしなくても私の経験を通して少しでも多くの人に目を向けてもらう事で改善していくこともあると信じています。

私は政治を希望だと思っています。
色々な問題を多くの人たちで知恵を出し合って少しでも解決に近づける場所だと思います。

息子が大きくなった時「日本で生まれて良かった」と思ってほしい。

そして、これから子育てをするお母さん達に少しでも明るい希望を持ってもらえるように力になりたいとの思いから、立候補するに至りました。
きっかけを下さった自民党の山東昭子先生、本当にありがとうございます。

デビューして20年。
今まで応援してくれているみなさんにはとても感謝しています。
みなさんがいなければ大好きな歌を歌えることはできませんでした。
あなたたちの支えがあったからこそ夢を追うことも叶えることもできたのです。
本当にありがとう。ありがとう。ありがとう。
みなさんが応援してくれる限り、SPEEDやERHIRO、ソロの活動はしていきます。
音楽も人々に与える力を持っています。だから歌い続けていきます。
SPEED20周年でもあり、4人が集まってみなさんと笑顔で会えることを私自身も願っています。

そして、わたしにはかけがえのない息子とともにかけがえのない人たちがいます。
それは家族やメンバー、友人、スタッフなど多くの方々に支えられて“今”があります。
それから報道にもあったように、去年からわたしを支えてくれている大切な人がいます。
障がいに対する理解が多いにあるのでとても助かっています。
あたたかく見守ってください。

これからもブログは続けていきます。
メッセージも読んでいます。
一人一人に返信はできませんが、伝えたいことは「ありがとう、ありがとう、ありがとう」

では!走り続けます〜!



オリコントピックス