• ホーム
  • 芸能
  • 川本真琴、狩野英孝との破局認める ストーカー行為は否定

川本真琴、狩野英孝との破局認める ストーカー行為は否定

 歌手の川本真琴が14日、公式サイトでコメントを掲載し、お笑い芸人の狩野英孝との破局を認めた。また、1月25日付のツイッターで「私の彼氏をとらないでください」と書いたことについて「あれは加藤紗里さんに向けて書いたものではありません」とし、狩野へのストーカー、嫌がらせ行為についても否定した。

 川本は同サイトで「週刊誌や今まで報道されたニュース等の内容に関しまして、事実と異なる点がございますのでご報告いたします。今までこの件に関して沈黙をしておりましたが、いろいろな憶測やそれをもとにした間違った報道がなされており、この文章を書く事にしました」と説明。

 一部週刊誌で報道された内容について「私、川本真琴と狩野英孝さんは2016年1月14日にお会いしてはおりません。私は1月14日、数日後に控えたライブのリハーサルを深夜まで行っており、その後もアレンジャーのご自宅で仕事をしておりました」と弁明した。

 また、1月25日付の自身のツイートに関しても「私の彼氏をとらないでくださいと書きましたが、あれは加藤紗里さんに向けて書いたものではありません。加藤紗里さんは全く知らない方でしたし、加藤紗里さんの事務所に嫌がらせの電話もしておりません」とし、「狩野英孝さんとは今回のいろいろな事情によりお別れしましたが、今は良き友人です。ストーカー行為や嫌がらせなどは一切しておりません」と釈明した。

 川本は先月25日、ツイッターで「隠していたわけではないけど、半年まえから彼氏がいます」と、恋人の存在を公表し「特定の人へのメッセージです。(すいません、音楽と関係なくて)わたしの彼氏を取らないでください」と、自分の恋人にアプローチしてくる女性をけん制。恋人は名前が知られたらYahoo!トップになるような有名人であることを示唆し、今月2日に一部スポーツ紙が、相手が狩野であると報道した。

 これに対し、加藤紗里が2日深夜、自身のインスタグラムで「去年の12月からお互い事務所公認の上で狩野英孝さんとお付き合いさせていただいています」と突然告白(現在は削除済み)。狩野と川本は昔付き合っていたが「半年前くらいからストーカー状態化になりつつあると聞いていました」と明かしていた。



オリコントピックス