• ホーム
  • 芸能
  • 加藤紗里、5股の狩野英孝に「引導を渡す」 “印籠”手渡しに爆笑問題も失笑

加藤紗里、5股の狩野英孝に「引導を渡す」 “印籠”手渡しに爆笑問題も失笑

 元レースクイーンでモデルの加藤紗里(25)が14日、TBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前10:00)に生出演。お笑い芸人の狩野英孝(33)との交際について「5股もされて会いたくない。別れてないけど、無視してます」と語った。

 加藤が「最後に会ったのは2月3日」と発言すると、出演者たちから「別れないの?」と直球の質問が続出。次々と発覚する狩野の“女性関係”に耐えかねているようで、バレンタインデーのきょうに「引導を渡します。5股もされて、黙ってられない」と言葉に力を込めるも「別れるかどうかは、いやぁー、うーん」と明言を避けた。

 一方、一部で報じられている自身の“年齢詐称”疑惑については「えーと20代半ばです。ウィキペディアが正しいです。45歳って言われてるんですけど、もしそうだったら美魔女じゃないですか…」とあいまいな返事。会社社長の婚約者がいるとの報道には「全く意味がわからない」ときっぱり否定し、高価な指輪などは「前の彼氏とかからもらったものです」と釈明した。

 先週放送の同番組で、爆笑問題太田光から「パーティーグッズみたい」などと強烈に容姿をいじられた加藤は、13日付の自身のブログで「明日、本人たちに会って印籠を渡す(原文ママ)!」と意気込み。

 この日の生放送では有言実行とばかりに「めちゃくちゃ言ってたから、印籠を渡します。引導は狩野に渡します」と爆笑問題の2人に印籠を手渡しするも失笑を買い、田中裕二から「ギャグということで、お掛けになっていただいて…」とあしらわれていた。



オリコントピックス