• ホーム
  • 芸能
  • 松岡茉優、本人役でドラマ主演 山田孝之の『北区赤羽』に続くフェイクドキュメンタリー

松岡茉優、本人役でドラマ主演 山田孝之の『北区赤羽』に続くフェイクドキュメンタリー

 女優の松岡茉優が、4月期にテレビ東京系で放送されるフェイクドキュメンタリードラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(毎週金曜 深0:52)に主演することがわかった。昨年大ヒットした『山田孝之の東京都北区赤羽』を手がけた松江哲明氏が、『東京都北区赤羽』の原作者・清野とおる氏の漫画『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』(講談社『モーニング』連載中)を題材に、日常生活の中で、他人にはなかなか理解できないけれど、本人は幸せになれるこだわりをもった人=「おこだわり人(びと)」の姿を浮き彫りにしていく。

 同作は、フィクションではあるけれど、ドキュメンタリーの手法で撮ることによってフィクションとノンフィクションが入り混じり、筋書きのないドラマが生まれることも期待できる試み。

 松岡が演じるのは、“松岡茉優”本人。ドラマ、映画に次々と起用され、その演技力に対する評価は高く、バラエティー番組に登場すれば達者なトークを披露する松岡なら、“山田孝之の女版”をやってくれそうな期待が持てる。本作の“松岡”は、本人と全く違う人物なのか、それともリアルな松岡の姿も含まれているのか。ドラマのストーリーだけではない楽しみ方も提供する。

 共演者として、実生活でも松岡と仲の良い友人である伊藤沙莉も本人役で出演。ドラマの中で表現されるこの2人の関係もどこまで本当なのか注目される。

 この2人が、架空のバラエティー番組のMCを務めることになり、「おこだわり人」を取材していくストーリー。原作漫画に登場する「ポテトサラダの男」や「帰る男」の“おこだわり”が紹介されるだけでなく、漫画では描かれなかったその後の知られざる真実も明らかになっていく。そんな「おこだわり人」と接したり、スタッフらの反応を見たりするうちに、「松岡」の心境に変化が生まれ、ドラマは原作とは全く異なる完全オリジナルストーリーへ進んでいく。

 松岡は「松江さんとは出会いから4年ほど経ちますが、ドキュメンタリーの監督さんなので、お仕事出来る機会はないんだろうなと思っていました。今回フェイクドキュメンタリードラマという形でご一緒する事がかない、うれしさとともにテレビで私の何を流されてしまうんだろうかと恐々です。相棒・伊藤沙莉とともにみなさまの元へ新鮮に届くものを作れるよう頑張ります」とコメント。

 伊藤も「『山田孝之の東京都北区赤羽』がすごく好きだったので、今回同じ放送枠で『赤羽』のスタッフの方々と携わることができて本当に光栄です。再び茉優とお芝居ができることも心からうれしいですし、もちろんその分期待や緊張もありますが、『松岡茉優と伊藤沙莉だからこそ』というものをお送りできたらいいなと思います」と意気込んでいる。



関連写真

  • 山田孝之の女版? 松岡茉優、テレビ東京の深夜ドラマ枠でフェイクドキュメンタリーに挑戦(C)『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』製作委員会
  • 松岡茉優とプライベートでも仲良しの伊藤沙莉も出演(C)『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』製作委員会
  • 題材となった清野とおる氏の『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』コミックス第2巻が2月19日に発売予定

オリコントピックス