• ホーム
  • 芸能
  • テスラは泣かない。ベース・吉牟田直和が活動休止 約一年間、学業に専念

テスラは泣かない。ベース・吉牟田直和が活動休止 約一年間、学業に専念

 鹿児島在住のピアノロックバンド、テスラは泣かない。のベース・吉牟田直和が、4月よりバンド活動を約一年間休止し、学業に専念することを13日、都内で行ったワンマンライブで発表した。

 鹿児島県内の大学の医学部に在籍している吉牟田は「学業とのけじめをつけ、より音楽活動に専念するため」に一時休止を決意。「必ず戻ってくる」とファンに誓い、メンバーたちへ「長いバンド生活、そしてこれからもっと長くなっていくであろうバンド生活の中で、僕は少しだけ時間をもらいます。学業にケジメをつけて、もっともっと音楽に集中するために。ちょっくら行ってきます。バンドをよろしく!」と思いを託した。

 バンドは、4月以降も約一年間、サポートベーシストを迎え、活動を継続。3月27日に東京・渋谷eggmanにて開催される自主企画イベント『High noble MATCH! In TOKYO』が、吉牟田の休止前の最後のライブ出演となる。ゲストにバンドとの親交の深い空想委員会、ヒトリエが駆けつける。

 ボーカルの村上学は「吉牟田が休んでいる一年間も、彼はメンバーの一員に変わりません」と前置きをした上で「これからの一年間も、僕らは様々な素晴らしいサポートメンバーを迎え、今以上に精力的にライブを重ね、さらに進化していくつもりです。そして一年間後、お互いが見違える姿で再会を果たします。これは吉牟田との約束であり、僕らと皆様との約束です。約束の場所も、それまでの道のりも、素晴らしいものにしてみせます、どうかついて来てください!」とコメントした。

 また、3月18日、地元・鹿児島のSR HALLで開催予定だった自主企画イベント『High noble MATCH!in KAGOSHIMA』の会場が、同ビル8FのCAPARVO HALLに変更されることも発表された。



関連写真

  • テスラは泣かない。のベース・吉牟田直和(よしむた・なおかず/左から2番目)がバンド活動休止を発表
  • 2ndアルバム「ジョハリの窓」ジャケット

オリコントピックス