• ホーム
  • 映画
  • ピクサー作品歴代キャラクターの“ビビリ顔”が公開

ピクサー作品歴代キャラクターの“ビビリ顔”が公開

 世界初の長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』以来、世界的な大ヒット作を生み続けてきたディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』(3月12日公開)。ピクサー史上最も弱虫と言われるアーロだが、実はピクサーの歴代キャラクターたちも時にビビッてしまう瞬間がたくさんあった。そんな歴代キャラクターたちのかわいらしい“ビビリ顔”の画像が12日、公開された。

 同作は、恐竜が絶滅しなかった地球を舞台に、弱虫でひとりぼっちの恐竜アーロと少年スポットが出会い、壮大な冒険の先に大切なものを見つけていく姿を描く感動のアドベンチャー・ファンタジー。

 主人公は、恐竜なのに怖がりな性格のアーロ。自分よりとても小さな虫にすらビビってしまうほど臆病な性格だったが、小さいけれど怖いもの知らずの人間の少年スポットと出会い、2人で大自然を冒険する姿を描いている。

 公開された1枚目は『トイ・ストーリー』のウッディとバズ。オモチャたちの持ち主・アンディの元に帰るため、車が行き交う道路の真ん中で、トラックを必至に追いかけながら必死の形相を見せている。

 2枚目は『モンスターズ・インク』のサリーとマイクが、モンスターの世界に迷い込んだ人間の女の子ブーを、ほかのモンスターたちの追跡から守るため逃走しているシーン。3枚目は『ファインディング・ニモ』から、ニモの父マーリンとドリー。ドリーは興味本位から猛毒を持つクラゲを突いているが、マーリンは襲われるんじゃないかと心配そうな顔を見せている。

 これらの作品に共通しているのは“困難や怖さを親友と一緒に乗り越えたからこそ絆が深まる”こと。“ビビリ顔”を見せながらも立ち向かうキャラクターたちにいつの間にか感情移入し、気づいたら心の中で応援してしまう。

 本作で初めて長編アニメーション作品を作り上げたピーター・ソーン監督は「アーロとスポットは同じ言語を話さないけれど、一緒に冒険するうちにものすごくたくさんの共通点があることを知っていくんだ。そういう心のつばがりを通じて、アーロは友情のために恐怖心を乗り越えていくんだ」と話している。



オリコントピックス