• ホーム
  • 映画
  • 菅田将暉、父親は“天才”「神童と呼ばれていた」

菅田将暉、父親は“天才”「神童と呼ばれていた」

 俳優の菅田将暉が10日、都内で映画『星ガ丘ワンダーランド』(3月5日公開)プレミア試写会に出席。作品にちなみ“親自慢”をした菅田は「親父が天才。小さいころ神童と呼ばれていた」と明かし、“神童”というワードに共演の新井浩文らから驚きと笑いが漏れるなか「笑い事じゃない」と訴えた。

【写真】その他の写真を見る


 菅田いわく、将棋が得意だったことや頭の回転がはやいようで「勉強を頑張って父の弟は医者になって、父はコンサルタントをしていて、今もしゃべっていても追いつかないくらい頭の回転が速い」と説明。

 そのほかのキャストも親自慢をし、新井は「父親が賭け事大好き」という独特な自慢を披露。「単身赴任している父親に電話をしたら、パチンコの音とかしているのに『仕事中』って言う。最高だなって思う」と笑い、「昔はウチも賭け事嫌いだったけれど、今37歳になって大好きになった」としっかり受け継がれていた。

 同作は、幼少期に母親に捨てられ、駅の落とし物預かり所で働く青年が母親の自殺を知ったことから、その後の人生が変化していくさまを描くミステリー。

 主演の中村倫也は、モントリオール映画際での上映を振り返り「言葉や文化が違っても伝わる力のある作品が出来上がった」とアピール。菅田の姉役を“ほぼスッピン”で演じた佐々木希は「新鮮でした。新しい佐々木が見られる」と照れ笑いしていた。

 そのほか、市原隼人木村佳乃松重豊、柳沢翔監督が出席した。



関連写真

  • 父親の話題に鼻高々な菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 佐々木希 (C)ORICON NewS inc.
  • 出演者一同(前列左から)木村佳乃、新井浩文、中村倫也、佐々木希、(後列左から)柳沢翔監督、松重豊、菅田将暉、市原隼人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『星ガ丘ワンダーランド』プレミア試写会に出席した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『星ガ丘ワンダーランド』プレミア試写会に出席した新井浩文 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『星ガ丘ワンダーランド』プレミア試写会に出席した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『星ガ丘ワンダーランド』プレミア試写会に出席した佐々木希 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『星ガ丘ワンダーランド』プレミア試写会に出席した中村倫也 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス