悪いケンコバに陣内智則とばっちり

 ピン芸人のケンドーコバヤシが10日、都内で劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(4月23日公開)の公開アフレコを行った。新キャラクターとして登場するチンピラ「百済木軍団」のリーダー・百済木を演じたケンコバは、イベント冒頭で頭を下げて謝罪会見のような雰囲気に…したかと思いきや「僕の友達の陣内(智則)が離婚しました。こんなふうに人に忘れかけた災いを呼び起こす、相当悪い役をやらしてもらっています」と役柄の紹介を交えて笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 アフレコは、手下役を演じる後輩トリオ・ジャングルポケットとともに挑んだが、おたけのせりふ「どけよ」を言ってしまい、「俺の唯一のせりふなんですよ。何で言っちゃうんですか。これじゃあギャラが入らない」と責めるおたけに謝罪。しかし役柄どおりに2回目も周囲の期待に応えてせりふを奪うと、関係者から仕上がりにOKの声があがった。

 同作は、原作のその後を舞台に、主人公・武藤遊戯がもう一つの人格“闇遊戯”と決別した後の、謎の少年の登場や失踪事件などが映し出される。

 遊戯の声を担当する俳優・風間俊介は「全く声優経験がないときに、ゼロから教えてくれて育ててくれた大切な作品。今こそ恩返しするタイミング」と思い入れを語り、ライバル・海馬瀬人を演じた声優・津田健次郎は「アフレコ中も2人で笑いながら演じていた」と久々のコンビ復活を喜んでいた。



関連写真

  • 盟友の離婚をダシに使って悪ぶるケンドーコバヤシ(C)ORICON NewS inc.
  • 頭を下げて謝罪するケンコバ (C)ORICON NewS inc.
  • ジャンポケ&ケンコバのアフレコの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』公開アフレコを行った津田健次郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』公開アフレコを行った (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』公開アフレコを行ったジャングルポケット・太田博久 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』公開アフレコを行った(左から)ケンドーコバヤシ、ジャングルポケットの斉藤慎二&太田博久&おたけ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス