• ホーム
  • 芸能
  • 小池徹平&三浦春馬、トニー賞6冠ミュージカルでW主演 三浦は女装に挑戦

小池徹平&三浦春馬、トニー賞6冠ミュージカルでW主演 三浦は女装に挑戦

 俳優の小池徹平(30)と三浦春馬(25)が、日本で初上演される米ブロードウェイの人気ミュージカル『キンキーブーツ』でW主演を務めることが明らかになった。2013年に「演劇界のアカデミー賞」と言われるトニー賞で最多13部門にノミネートされ、6冠を獲得した話題作で、小池と三浦が初タッグを組む。

【写真】その他の写真を見る


 2013年の『第67回トニー賞』で作品賞、主演男優賞(ビリー・ポーター=ローラ役)、オリジナル楽曲賞(シンディ・ローパー)、振付賞(ジェリー・ミッチェル)、編曲賞、衣装デザイン賞の6部門を受賞した人気ミュージカルが、今夏日本に初上陸する。

 経営不振に陥った老舗靴工場の跡取り息子チャーリー(小池)が、ドラァグクイーン(女装したパフォーマー)のローラ(三浦)に出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いた物語。2005年に公開されたイギリス映画をミュージカル化した。

 演出・振付は本家のジェリー氏が担当するが、日本版の演出協力および上演台本は、演劇ユニット「地球ゴージャス」を主宰する俳優・岸谷五朗が手がける。使用される楽曲はすべて、米歌手シンディ・ローパーが作詞作曲した。

 小池は「ブロードウェイミュージカルの名作に挑戦させていただけること、今からとてもわくわくしてます。楽曲も素敵で、岸谷さんと初めてご一緒できることもすごく楽しみです。豪華なキャストの皆さんと共に、また新たなる自分の発見、そして進化できるように、引き締めて頑張りたいと思います!」と気合十分。

 13年夏にブロードウェイで同作を観劇したという三浦は「強く憧れた役を演じることができ、とてもうれしく思います。と同時に大きなプレッシャーも感じてきていますが、自分が本国の劇場で包まれた感動を少しでもお客様に受け渡せるよう、努力していきます」と意気込む。三浦は出演決定を受けて渡米し、シンディのボイストレーナーからボーカルレッスンを受けたほか、シンディ本人から直接アドバイスをもらったという。

 本作は、7月21日(木)〜8月6日(土)まで東京・新国立劇場 中劇場、8月13日(土)〜8月22日(月)まで大阪・オリックス劇場で上演。10月には、東京・渋谷の東急シアターオーブでブロードウェイ版『Kinky Boots』の来日公演も決定している。



関連写真

  • 小池徹平と三浦春馬が人気ミュージカルでW主演
  • ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』舞台写真
  • ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』舞台写真
  • ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』舞台写真
  • フ?ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』ロゴ

オリコントピックス