• ホーム
  • 映画
  • 【第58回ブルーリボン賞】大泉洋、大トリ登場に「ドッキリかと」 俳優業評価に恐縮

【第58回ブルーリボン賞】大泉洋、大トリ登場に「ドッキリかと」 俳優業評価に恐縮

 『第58回ブルーリボン賞』で主演男優賞を受賞した俳優の大泉洋が9日、東京・イイノホールで行われた授賞式に出席。“大トリ”としてステージに登壇すると「待っている間に緊張感が高まってしまいました。(名前が呼ばれる前に)以上を持ちまして…って終わったらどうしようかと。普段バラエティーを多くやっているものですから、ドッキリなんじゃないかと怖くなっていた」と笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 大泉は『駆込み女と駆出し男』での演技が評価されて受賞。「私みたいなタレントなのか役者なのわからない者がこんな賞をいただいて」と恐縮しきりだったが、「プロが選んで評価してもらえるのはありがたい」と感謝。

 地元の北海道でも活躍する大泉は、2004年から東京でも仕事をするようになったことを振り返り「北海道の仲間と仕事しながら役者をやっていく安心感があるなか、東京でも仕事ができたのが私に合っていた。安田顕を始め、TEAM NACSという仲間がいて、何かあればそこに戻れると思えたことで、怖い現場も気楽にできた」と回顧。

 「地元で仕事を続けながらでも大きな仕事をしたい人にこの方法論はおすすめ。俺には地元があるという思いがあると、のびのび仕事できて世に出やすい。そんな風に思ったブルーリボン賞でした」とスピーチを締めた。

 同賞は前年の主演男優賞と主演女優賞の2人が司会を務める慣例があり、来年の司会は今年それぞれ受賞した大泉と有村架純が務める。

 在京スポーツ7紙による東京映画記者会が選ぶ同賞は1950年に設立。作品賞は『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督)、外国作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジョージ・ミラー監督)が選出。監督賞に橋口亮輔監督(『恋人たち』)、主演男優賞に大泉(『駆込み女と駆出し男』)、主演女優賞に有村(『ビリギャル』『ストロボ・エッジ』)、助演男優賞に本木雅弘(『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』)、助演女優賞に吉田羊(『ビリギャル』『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』)、新人賞に石井杏奈(『ソロモンの偽証』『ガールズ・ステップ』)が選ばれた。司会は浅野忠信安藤サクラが務めた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『第58回ブルーリボン賞』で主演男優賞を受賞した大泉洋 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)本木雅弘、有村架純、大泉洋、吉田羊、石井杏奈、(後列左から)安藤サクラ、原田眞人監督、橋口亮輔監督、ワーナーブラザース高橋雅美氏、浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で助演女優賞を受賞した吉田羊 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で助演男優賞を受賞した本木雅弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で主演女優賞を受賞した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)有村架純、吉田羊=『第58回ブルーリボン賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • 司会を務めた浅野忠信=『第58回ブルーリボン賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)有村架純、大泉洋=『第58回ブルーリボン賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で監督賞を受賞した橋口亮輔監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で作品賞を受賞した原田眞人監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 司会を務めた(左から)浅野忠信、安藤サクラ=『第58回ブルーリボン賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • 来年の司会を務める(左から)有村架純、大泉洋 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で新人賞を受賞した石井杏奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で新人賞を受賞した石井杏奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第58回ブルーリボン賞』で助演女優賞を受賞した吉田羊 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス