• ホーム
  • 音楽
  • 有村架純、『いつ恋』主題歌MVでアナザーストーリー 月9初の試み

有村架純、『いつ恋』主題歌MVでアナザーストーリー 月9初の試み

 歌手・手嶌葵が歌うフジテレビ系月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主題歌「明日への手紙」(10日発売)のミュージックビデオ(MV)が公開され、同ドラマに主演する有村架純が出演していることが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 「元気でいますか 大事な人はできましたか いつか夢は叶いますか この道の先で」という歌い出しからドラマの世界そのもの。楽曲の持つ“もがきながらも少しずつ前を向く”という詞と、ドラマの世界観を融合しようと、ドラマプロデューサーの村瀬健氏にCDのジャケット写真とMVのトータルプロデュースを依頼した。

 MVでは、ドラマの“エピソード0(ゼロ)”とも言えそうな、有村演じる主人公・音のアナザーストーリーが展開される。大人になった音がそっと目を閉じ、幼少期の記憶の中をたどっていくと、そこには幼少期の音の姿が。ドラマ第1話のファーストシーンとして流れた、親を亡くし里子として北海道へ引き取られていく場面のまさに“前夜”の音の様子が描かれる。幼少期の音はドラマと同じく子役の平澤宏々路が演じた。

 主人公が役柄のままMVに登場し、ドラマとリンクしたストーリーを展開するのは、月9初の試み。有村は「MVのストーリーは音の記憶でできていて、懐かしさや、儚さや、切なさ、優しさがたくさん感じられる内容です。手嶌葵さんの、聴いた人の心を優しくしてくれる歌声と、MVのたくさんの気持ちを与えてくれるストーリーで、観た方はきっと心の中で何かが溶けていくような、そんな感覚に触れられるのではないかなと思います。観終わった後、記憶の中の幼き日の音を力いっぱい抱き締めたくなると思います」と解説した。

 村瀬プロデューサーは「撮影の際には、ドラマで音の芝居を見慣れているはずの僕が思わず泣いてしまった。同じ音ではあるのだけどドラマとは微妙に違う、アナザーストーリーならではの表情を、有村さんが見事に表現してくれています」と手応え十分。「このMVでしか見られない、“もう一人の音”にご注目いただきたいと思います」とアピールした。

■手嶌葵「明日への手紙」ミュージックビデオ
▽GYAO!期間限定フル配信(2/8〜2/21)
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10024/v0994000000000543140/

▽Youtube ビクター公式チャンネル
https://youtu.be/CIx8ts2TbZA



関連写真

  • 有村架純(右)が出演した月9『いつ恋』主題歌MVが完成
  • 手嶌葵シングル「明日への手紙」のジャケット写真にも有村架純が登場
  • 手嶌葵「明日への手紙」MVに出演した有村架純
  • 手嶌葵「明日への手紙」MVに出演した(左から)平澤宏々路、有村架純
  • 月9主題歌「明日への手紙」を歌う手嶌葵

オリコントピックス