• ホーム
  • 芸能
  • 大関・琴奨菊関、優勝&挙式後初バラエティーで“琴バウアー”披露

大関・琴奨菊関、優勝&挙式後初バラエティーで“琴バウアー”披露

 今年の大相撲初場所で見事初優勝を果たし、32歳の誕生日である1月30日に結婚披露宴を挙げたばかりの大関・琴奨菊関が、9日放送のテレビ朝日系『中居正広のミになる図書館』(毎週火曜 後11:15※一部地域を除く)に出演する。

 “優勝&結婚”後、初めて出演したバラエティー番組で、司会の中居正広(SMAP)などから祝福を受けたのもつかの間、「知らなきゃ良かった!」と思うような衝撃的な事実を突きつけられ、「聞かなかったことにします…」とすっかり意気消沈。「うそーん!」とのけ反り、はからずも“琴バウアー”を披露するひと幕もあった。

 この日は、同期入門で中学時代から20年来の親友でもあり、ライバルでもある豊ノ島関とともに出演。初場所で琴奨菊関にただひとり土をつけたのが豊ノ島関だったこともあり、中居らはその日の取り組みについても興味津々。「どんな気持ちで土俵に上がった?」「取り組み前に連絡をとったりするの?」「取り組みの後、どんな会話をしたの?」などとふたりを質問攻めに。

 豊ノ島関は「取り組みの当日は東西に分かれているので、会わないけれど、終わった後は連絡が来ました」と明かし、琴奨菊関は「今回は負けてしまったけれど、トレーニングをして、次は絶対に勝つから」と言っていたという。さらに、立ち合いの際に、いつもより少し早いタイミングで土俵に入ってしまった豊ノ島関は、琴奨菊関が撒いた塩を大量に浴びるハメに。「たくさん撒き過ぎ!」という豊ノ島関に対して「かかったのはわかってました(笑)」と琴奨菊関も笑いながら話していた。中居も「今後、ふたりの対決を見るのが楽しみ。塩の撒き方から見ちゃいそう」と感激していた。

 番組では、そんな琴奨菊関の「初優勝を決めた3つのきっかけ」を紹介。「13日目の豊ノ島関との一番に負けたこと」や「これをやらなかったら優勝はなかった」と振り返った新年1月2日のキツいトレーニング、そして長きにわたって琴奨菊関の心の支えとなっている“ある動画”について語られる。しかし、この3つの中に、琴奨菊関が「知らなきゃ良かった!」と思った衝撃的な事実が隠されていた…。一方、サウナ好きだという豊ノ島関にも驚愕の新事実が突きつけられる。



関連写真

  • 2月9日放送、テレビ朝日系『中居正広のミになる図書館』に初場所で初優勝した琴奨菊関(左)と、親友でライバルの豊ノ島関(右)がゲスト出演(C)テレビ朝日
  • “知らなきゃ良かった事実”の連続に「うそー!」「えー!」を連発する(C)テレビ朝日
  • 力士の多くが寝る際に利用しているという呼吸器がスタジオに登場! 実際に豊ノ島関が着用し、その効果を紹介

オリコントピックス