• ホーム
  • 芸能
  • 島田紳助氏、ベッキー問題に持論 芸能リポーター伝える

島田紳助氏、ベッキー問題に持論 芸能リポーター伝える

 7日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演した芸能リポーターの井上公造氏が、元タレントの島田紳助氏から自身あてに届いたメールの中身を公表。メールには、ベッキーに関する持論がつづられていた。

 井上氏は、俳優・石坂浩二氏がテレビ東京系人気番組『開運!なんでも鑑定団』のレギュラー出演を降板することになったことを受け、同番組の開始当時、司会を務めていた島田氏と電話で話した後、「聞いてないのにメールが来た」と説明。

 メールは「芸能界と関係ない僕がいうのもなんやけど、イライラすることがある。ベッキーもかわいそう。他人にヤイヤイ言われて。スポンサーやスタッフにはお詫びをしないといけないけど、すべてを失っていいと思って人をなるって、すごいやん。あんたらできるのか? そんな恋したことあるのか?と言いたいね」と不倫騒動の渦中にあるベッキーを擁護する内容で、「俺が現役ならそう言うてましたわ。悪いのは男です。絶対守らなければいけない男が、ゆるすぎる。写真撮られたり、離婚もしていないのに両親に合わせたり。男が100%いかんよな」と、ゲスの極み乙女。川谷絵音を断罪した。

 続けて、「ロクに恋もさせてもらえなかった31歳のベッキーが、人生をかけた恋を、人生をかけた恋をしたことない人間には理解してもらえないよね。タレントとしてはダメなベッキーかもやけど、僕はすべてをかけたベッキーをすてきに思えます。モラルやルールはわかるけど、それを超えた恋をした人は、3%もおらんよね。だから、世の中の97%に拒否される。でも3%はわかってくれる。ただ、相手を間違えたかな? ずるい女だったら、気づいていた。あー、現役なら伝えたかった」。

 と、メールはかなりの長文で紳助節全開。井上氏は「ブログなどで伝えて、とあったので公表した。これを足がかりにして現役に戻りたいとかそういうことではない」と補足したが、松本人志や東野幸治は島田氏の“現役復帰”への意欲を感じて盛り上がった。

 松本は「非常に紳助さんらしい。ただ、問題は、ベッキーは(川谷とは)『友達』やといっている。そこですよね。紳助さん、何か飛び越えていますよ。いまのコメント聞くと、あいつ、不倫しているぞって言っているようなもの」とツッコミを入れていた。



オリコントピックス