• ホーム
  • 芸能
  • 『ハンサム落語』メンバー、狩野英孝“イケメン”ポイント分析「腰が低い」

『ハンサム落語』メンバー、狩野英孝“イケメン”ポイント分析「腰が低い」

 俳優・磯貝龍虎加藤良輔、西山丈也、平野良碕理人土屋シオン前山剛久が5日、赤坂レッドシアターで開幕する舞台『ハンサム落語 第七幕』ゲネプロ前取材に出席。“ハンサム”にかけ、三角関係騒動で話題の芸人・狩野英孝の“イケメン”ポイントを分析した。

【写真】その他の写真を見る


 報道陣から狩野について質問を受けると「知り合いじゃない〜」と一同困惑したが、磯貝は「営業の時にすごい腰が低い!」と分析。ほかのメンバーから「知ってるの?」と驚かれると「プライベートではわからないけど、お客様に対して腰が低いのがすごい心地いいしハンサム」と絶賛した。

 また加藤は「自分で(『イケメン』と)言い切る強い気持ちがイケメン。あのギャグをできる人はなかなかいない」と感心し、平野は「すごいしっかりしているって聞くので、そういうところが僕も見習って皆さんから愛されたい」と尊敬していた。

 古典落語を現代風にアレンジし、若手俳優によって掛け合いを演じる舞台『ハンサム落語 第七幕』では碕、土屋、前山が初参加。西山は「皆さん、感じるハンサムは人それぞれだと思うので、『この人のここがハンサム』というところを感じていただければ」と呼びかけていた。



関連写真

  • 舞台『ハンサム落語 第七幕』ゲネプロ前取材に出席した(前列左から)磯貝龍虎、加藤良輔、平野良、西山丈也、(後列左から)土屋シオン、前山剛久、碕理人 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ハンサム落語 第七幕』ゲネプロ前取材に出席した磯貝龍虎 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ハンサム落語 第七幕』ゲネプロ前取材に出席した加藤良輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ハンサム落語 第七幕』ゲネプロ前取材に出席した西山丈也 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ハンサム落語 第七幕』ゲネプロ前取材に出席した平野良 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス