• ホーム
  • 芸能
  • 桐谷美玲が松坂慶子に見えてくる…『スミカスミレ』革新的な芝居に挑戦

桐谷美玲が松坂慶子に見えてくる…『スミカスミレ』革新的な芝居に挑戦

 女優の桐谷美玲が見た目は20歳、でも中身は65歳の女性を演じるテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』(毎週金曜 後11:15)がきょう5日から放送開始される。

 同ドラマは、高梨みつば氏の漫画『スミカスミレ』(集英社『Cokohana』で連載中)が原作。主人公の如月澄は、幼い頃から家業の手伝いに追われ、青春らしい青春を送れず、その後も祖母に始まり父、母の介護に生活のすべてを費やし、気が付けば65歳になっていた。

 母が亡くなり、一人ぼっちになった澄は、ふと思う。「もう一度若さを取り戻して、人生をやり直したい」と。そんな彼女に奇跡が起きる。家の屏風から飛び出して人の姿になった化け猫・黎(及川光博)の謎めいた力によって、目が覚めると20歳の姿に若返っていたのだ。澄は、如月すみれという新たな名とともに、行きたくても行けなかった憧れの大学に通い、青春をやり直していく。

 このドラマの成否のカギは、65歳の澄を演じる松坂慶子と、45歳若返った姿の桐谷美玲が同一人物に見えるかどうかにある、と思われた。第1話の冒頭に登場する主人公は65歳。世間知らずなところがあっても礼儀正しく誠実な性格の主人公を、松坂が気取らないおっとりとしたしゃべり方で演じている。それが、ひと晩明けたら桐谷に変わるわけだが、ここで桐谷は“若返った松坂慶子”を演じるという革新的な芝居に挑戦。どことなく松坂に見えてくる演技力を発揮し、安心して観ていられる。

 青春をやり直しているという“誰にも言えない秘密”を抱えたすみれにとって、先々には思いもよらない壁が立ちはだかる。果たして、“彼氏いない歴65年の女子大生”が身を投じる“やり直し青春ライフ”はどんな結末を迎えるのか…!?



オリコントピックス