• ホーム
  • 映画
  • 菅田将暉、マネージャーと二人三脚の1年 今年は「自分の色を出していく」

菅田将暉、マネージャーと二人三脚の1年 今年は「自分の色を出していく」

 俳優の菅田将暉が4日、都内で行われた『2016年エランドール賞』の授賞式に出席した。菅田はスター性と演技力を兼ね備え、次代の映画・テレビを背負って立つことが期待される俳優女優に贈られる新人賞を受賞。「去年のいまごろから、きょうのスケジュールを空けていました」と取るべくして取った賞であることを明かした。

 菅田は、選考対象期間の2014年12月1日〜15年11月30日までに、映画『チョコリエッタ』『暗殺教室』『明烏あけがらす』『ピースオブケイク』、放送されたドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ)、『二十歳と一匹』、『ちゃんぽん食べたか』(NHK)、『翳りゆく夏』(WOWOW)、『民王』(テレビ朝日)に出演。今年、公開予定の映画も多数控えている。

 授賞式のスピーチで菅田は「去年一年間は、マネージャーさんと寝る間もおしんで働こうと決めて、いろんな目標を立てた中に一つに、去年のいまごろからきょう、この日のスケジュールも空けて臨んでいました。きょう、ここに立てていることがうれしいです」と笑顔を見せ「初めてマネージャーさんとハイタッチして、喜びといいますか、興奮しました」。

 また、『民王』で共演した俳優の遠藤憲一から、「菅田くんおめでておう。20代前半でナイーブな感性と深い役作りができる稀有な俳優が菅田くんだと思います。僕が尊敬する俳優の一人です。また共演できることを楽しみにしています」とお祝いのメッセージが寄せられるサプライズもあった(同ドラマの飯田爽プロデューサーが代読)。

 授賞式後、菅田は「泣きそうになりました。遠藤さんとは去年『ちゃんぽん〜』と『民王』の2作品で一緒だったんですけど、ご縁といいますか、一生、僕の頭の中にいる人というか、先輩でもあり、役の上では息子でもあったのでつながっていると感じるものがすごくある」とお礼を述べていた。

 2016年は「自分の色みたいなもの、アイデンティティというか、菅田将暉ですというものを発して、見せる一年にしようと思った」と新たな目標を掲げ、「(きょうの衣装も)ほかの人があまり着ないようなものにしました。コレクションラインのもので、今後、誰も着ることがないと思う」。今年は、睡眠時間も確保しつつ「去年を超えてただただ面白いことを追求していきたい」と意欲に満ちていた。



関連写真

  • 『2016年エランドール賞』を受賞した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2016年エランドール賞』授賞式に出席した(左から)吉田羊、玉山鉄二、土屋太鳳、菅田将暉、有村架純、柄本佑 (C)ORICON NewS inc.
  • 個性的な衣装で登場した菅田将暉=『2016年エランドール賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス