• ホーム
  • 音楽
  • B’z松本孝弘、米「グラミー賞」生中継番組出演へ

B’z松本孝弘、米「グラミー賞」生中継番組出演へ

 人気ロックユニットB’zのギタリスト・松本孝弘が、2月16日(現地時間15日)に行われる米音楽界最高峰の祭典『第58回グラミー賞授賞式』(ロサンゼルス・ステイプルズセンター)の生中継番組にスタジオゲストとして出演することが4日、わかった。

 松本は5年前の2011年(第53回)に米ギタリスト、ラリー・カールトンと共作した『テイク・ユア・ピック』が「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞したグラミーウィナー。現地のスタジオ出演は受賞時以来となる。

 今回は全83部門のうち、米ラッパーのケンドリック・ラマーが最多11部門にノミネート。日本人では、俳優・渡辺謙が主演したミュージカル『王様と私』が「最優秀劇場ミュージカル・アルバム」候補、小澤征爾氏が指揮した『Ravel:L’Enfant Et Les Sortileges;Sheherazade(ラヴェル:「こどもと魔法」)』が「最優秀オペラ・レコーディング」候補、Shin Nishigakiがビデオプロデューサーを務めた米ラッパー、エイサップ・ロッキーの『LSD』が「最優秀ミュージック・ビデオ」候補に選出されている。

 また、当日はパフォーマーとして、アデルジャスティン・ビーバー、ピットブルらが出演。レディーガガは先月10日に死去したデヴィッド・ボウイさんを追悼するパフォーマンスを行うことが決まっている。

 『第58回グラミー賞授賞式』は、2月16日午前9時からWOWOWプライムで生中継(二ヶ国語・同時通訳)、同日午後10時からWOWOWライブで再放送(字幕)される。



オリコントピックス