• ホーム
  • 芸能
  • 川口春奈、TBS系ドラマ『家族ノカタチ』でウエディングドレス姿を披露

川口春奈、TBS系ドラマ『家族ノカタチ』でウエディングドレス姿を披露

 女優の川口春奈(20)が、TBS系ドラマ『家族ノカタチ』(毎週日曜 後9:00)の第4話(7日放送)より出演する。香取慎吾SMAP)演じる主人公・永里大介の同僚、入江春人(千葉雄大)の妻・茜役で、教会で結婚式を挙げるシーンではベアトップのウエディングドレス姿を披露する。

 仕事でウエディングドレスを着たことはあっても、教会のバージンロードを歩くのは今回の撮影が初めてだったといい、「すごく感慨深いですし、やっぱり(結婚式の)雰囲気がすてきだなと思います」とコメント。

 劇中で香取演じる大介のように自分の時間を一番大事にしたい人や、上野樹里演じるヒロイン・熊谷葉菜子のように仕事が一番だという人の気持ちも「わかる」としながらも、「やはり女性としては、子どもが欲しいと思ったり、結婚して、すてきな旦那さんと楽しく生活したいな、という気持ちになることもあります」と願望を語っていた。

 第4話は、入江が「実は結婚していた」という事実が明らかになり、それも籍を入れただけで、結婚式を挙げていないことを知った大介の父・陽三(西田敏行)が張り切って入江夫妻の結婚式の計画を進めるという話。

 「周りの人が背中を押して、結婚式を挙げることになった結果、夫婦二人の関係性も、より近くなるというお話で、私も、なんとなく茜の気持ちがわかるというか…。何かきっかけがないとできないけれど、女性はやはり結婚式を挙げたいと思っている人も多いでしょうし、相手からの(結婚式を挙げようという)言葉を待っている茜という女の子の役を、丁寧に、皆さんに共感していただけるように演じられたらいいなと思っています」と話していた。



オリコントピックス