• ホーム
  • 芸能
  • 『NHK上方漫才コンテスト』組分けが決定 バンビーノは「漫才で新しい一面を」

『NHK上方漫才コンテスト』組分けが決定 バンビーノは「漫才で新しい一面を」

 関西の若手漫才師の登竜門『第46回 NHK上方漫才コンテスト』の本選出場者記者会見&ブロック分け抽選会が3日、NHK大阪放送局で行われた。149組の若手芸人が参加した厳しい予選会を通過した6組が、本選ではAブロックとBブロックに分かれ、各ブロックの1位同士が最終的に優勝を争う。

 抽選の結果、Aブロックには、プリマ旦那、ミキ、バンビーノ、Bブロックには、トット、アインシュタインゆりやんレトリィバァ、が振り分けられた。

 普段はコントを主戦場としているバンビーノだが「今回は漫才で挑戦させていただきます」と宣言。石山大輔が「新しい一面が見せられるように、去年とは違うバンビーノを見せたいと思います」と意気込む一方で、“動物役”がメインだった藤田裕樹は「今回は顔がちゃんとしっかり出ているということで、もう本当に十分です」と感無量の様子だった。

 昨年、トップバッターを務めたゆりやんは「今回は一番最後に出させていただけて、うれしいです」と安堵。組み分け直後の感想を聞かれると「このブロックやったらアインシュタインさんには負けそうなんですけれど…、トットさんには勝てそう(笑)」と豪語し、早くも火花を散らしていた。

 司会は千原兄弟、吉岡里帆が担当。2月26日(後7:30〜8:43)にNHK総合(関西地域)で生放送される。



関連写真

  • 『NHK上方漫才コンテスト』の抽選会に参加した(前列左から)アインシュタイン、トット、バンビーノ、(後列左から)プリマ旦那、ミキ、ゆりやんレトリィバァ
  • 抽選で決まったブロック分け

オリコントピックス