• ホーム
  • 芸能
  • トレエン斎藤、狩野英孝のモテ理由を分析「ポンコツなところ」

トレエン斎藤、狩野英孝のモテ理由を分析「ポンコツなところ」

 お笑いコンビ・トレンディエンジェルが3日、東京・新宿文化センターで行われた『NSC大ライブ TOKYO 2016』後の囲み取材に卒業生として出席した。現在、歌手・川本真琴とモデル・加藤紗里との三角関係と話題のお笑い芸人・狩野英孝について、斎藤司は「芸人にとって隙って大事。狩野さんは完璧じゃなくてポンコツなところがある。それは芸にも通じるところで、隙があるとお客様にもかわいがってもらえる」と分析した。

【写真】その他の写真を見る


 以前、狩野が離婚した際には「『ちょこちょこモテる』とは当時、言ってました」と暴露した斎藤。相方のたかしも「優しいんじゃないですか、芸人さんは見下されて生きてきた人が多いので優しくできる」と力説していた。

 同大会はダウンタウンナインティナインを輩出したNSC(ニュー・スター・クリエイティブ)吉本総合芸能学院の在校生(大阪38期生、東京21期生)による主席卒業をかけたネタバトル。“ゲイ”のマサルコと“ノンケ”のヤマトによる異色コンビ・ギガスラッシュ!!が優勝を勝ち取った。

 主席卒業生となった二人だがマサルコが「ゲイだから主席ははずされると思った」と明かすと、たかしが「僕らもハゲだから(M-1は)優勝できないと思ってた」と同調。マサルコが「(トレエンが)優勝された時、よくやったと思った! 色物でも取れるんだって!」と興奮気味にそのまま斎藤の頭にキスすると、斎藤は「毛はないけど、ノンケです」と呆れ、爆笑を起こしていた。

 このほか、2丁拳銃福本愛菜が参加した。



関連写真

  • 狩野英孝のモテ理由を分析したトレンディエンジェル(左から)たかし、斎藤司 (C)ORICON NewS inc.
  • 優勝を勝ち取ったギガスラッシュ!!(左から)ヤマト、マサルコ(C)ORICON NewS inc.
  • 『NSC大ライブ TOKYO 2016』後の囲み取材の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『NSC大ライブ TOKYO 2016』後の囲み取材に出席した福本愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 『NSC大ライブ TOKYO 2016』後の囲み取材に出席した2丁拳銃 (C)ORICON NewS inc.
  • 『NSC大ライブ TOKYO 2016』後の囲み取材に出席したトレンディエンジェル・斎藤司 (C)ORICON NewS inc.
  • 『NSC大ライブ TOKYO 2016』後の囲み取材に出席したトレンディエンジェル・たかし (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス