• ホーム
  • 映画
  • 松ケン、決意の増量で早世の天才棋士に「全身全霊をかけても足りない」 『聖の青春』映画化

松ケン、決意の増量で早世の天才棋士に「全身全霊をかけても足りない」 『聖の青春』映画化

 俳優の松山ケンイチ(30)が、1998年に29歳にして亡くなった実在の天才棋士・村山聖(むらやま・さとし)さんの人生を描いた映画『聖の青春』(2016年秋公開)に主演することが2日、わかった。「全身全霊をかけても足りない役だと思いました。そういう仕事は大好きです」と熱意を込める言葉通り、自ら東京将棋会館に通いつめ、見た目も村山さんに近づけるために体重を増量。プロデューサーの滝田和人氏いわく、「おいしいものもおいしく感じなくなるんです」と言うほどの肉体改造に挑み、ふっくらした姿を披露している。

 原作は、大崎善生氏による同名のノンフィクション小説。「東の羽生、西の村山」として100年に1人と言われる天才・羽生善治氏と並び称されながら、名人への夢半ばで倒れた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、そして羽生氏ら今も将棋界で活躍する仲間たちとの友情を通して描く感動の物語を『宇宙兄弟』(2012年)の森義隆監督が実写化する。

 幼少期より腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した聖。父が何気なく勧めた将棋に心を奪われ、将棋の最高峰・名人位を獲る夢を抱いて、将棋の道をまっしぐらに突き進み始める。同世代の天才棋士たちとの死闘、彼を見守る師匠、そして彼を支える両親の愛情。自らの命を削りながら将棋を指し、死の床まで将棋のことを口にしていた聖の、全力で駆け抜けた壮絶な一生を描く。

 松山は、村山さんについて「命を燃やしている方。その激しさに魅せられました」といい、「病を背負われているので内面が一番難しい」と苦悩も吐露。村山さんの故郷・広島でお墓参り、両親への訪問、師匠・森信雄氏のもとを訪れたほか、ネフローゼという難病を理解するため実際の患者へ取材をしてから撮影に臨んだ。

 滝田氏も「これまでにないほどの役へののめり込み方や周囲が危惧したほどの増量計画」と松山の努力を明かし、「村山聖を感じるために、松山ケンイチはあえて苦しみや悩みを求め、もがいているように見えました。もう会うことの叶わない生きた村山聖がスクリーンに出現することを、私は確信しています」と自信をにじませている。

 原作者の大崎氏は、映画化の話を聞いてから10年近く経ったと語り「粘り強く交渉を重ねて、現実まで持っていってくださった制作スタッフの執念には頭が下がる。最終的には最高の形となった。この作品を愛し、信じそして丁寧にまとめあげてくれた」と感謝。撮影開始時には、体重を増量させ、村山さんを真似して右手の爪を長く伸ばした松山を見て驚いたようで、「意志の強そうな瞳。内面からにじみ出てくるような自然なユーモラス。そして人へ対する好奇心、優しさ。17年ぶりに村山くんがいた」とコメントを寄せている。

 クランクアップは今月中旬の予定。共演者は後日改めて発表される。



関連写真

  • 映画『聖の青春』に主演する松山ケンイチ(C)2016 「聖の青春」製作委員会
  • 村山聖さん(C)2016 「聖の青春」製作委員会

オリコントピックス