• ホーム
  • 映画
  • 羽生結弦選手、“殿さま”役で俳優デビュー 地元・仙台の感動秘話に出演快諾

羽生結弦選手、“殿さま”役で俳優デビュー 地元・仙台の感動秘話に出演快諾

 フィギュアスケートの羽生結弦選手が映画『殿、利息でござる!』(5月14日公開)に出演し、俳優デビューすることが3日、わかった。羽生は映画初出演であり、初めての演技経験にして、阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡ら豪華俳優陣との共演を果たした。昨夏に撮影を終えた羽生は「お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しかったです。その後の試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショーなどでも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています」とコメントしている。

 同作は、2010年に映画化されたベストセラー『武士の家計簿』などの著作で知られる作家・磯田道史氏の近著『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、『ゴールデンスランバー』『予告犯』『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』などの中村義洋監督が映画化。今から250年前の江戸中期、仙台藩吉岡宿を舞台に、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がった住人たちの姿を描く。

 そんな同作で羽生は、作品タイトルにもなっている“殿”の仙台藩藩主・伊達重村を演じる。出演シーンは少ないながらも、物語のキーになる重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れる殿様という姿を見せる。これまでに映画出演などの芸能活動はなかった羽生だが、故郷・仙台に実在した人物たちの感動秘話に出演を快諾。氷上での演技で世界中を虜にする世界最高のフィギュアスケーターが、マゲ姿でスクリーンに初登場する。

 初の撮影現場を踏んだ羽生は「緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。この物語は実話をもとにしているとのことですが、地元・宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現できればと思い一生懸命やりました」と振り返っている。

 主演の阿部は、羽生の出演というサプライズに「殿役が誰かなかなか明かされず、役者同士でいろいろ予想をしていたのですが、まさか羽生結弦さんとは思いませんでした……。本来、殿様を庶民が見てたら『頭が高い』と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました。キレイでした(笑)」。また、羽生の芝居に関しては「撮影当日まで(ご本人と)全く会わず、扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです。普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思います。何度も何度も繰り返す撮影に文句ひとつ言わず参加してくださり、さすが世界一のアスリートだと思いました」と向き合う姿勢を評価し、演技自体にも太鼓判を押している。

 同作への羽生のキャスティングについて中村監督は「ついつい豪華キャストにしてしまったため、彼らが『殿様=雲の上の人』と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまいました。そんなときに挙がったのが羽生さんの御名前。これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身もいまだにおののいている次第です」と喜びとともに複雑な心境を明かす。さらに羽生の現場の様子については「その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました」と感慨深げに語っている。



関連写真

  • 羽生結弦選手、マゲ姿でスクリーンへ 『殿、利息でござる!』で映画初出演(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
  • 『殿、利息でござる!』ポスタービジュアル

オリコントピックス