• ホーム
  • 音楽
  • AKB岩佐美咲、初ソロ公演で卒業発表「演歌一本でやりたい」

AKB岩佐美咲、初ソロ公演で卒業発表「演歌一本でやりたい」

 AKB48の演歌歌手・岩佐美咲(21)が30日、東京・浅草公会堂で行われた自身初のソロコンサート『岩佐美咲ファーストコンサート〜無人駅から 新たなる出発の刻(とき)〜』でグループからの卒業を発表した。この日21歳の誕生日を迎えた岩佐が、コンサートのタイトルどおり、“新たなる出発”を決断した。卒業日は未定。

【写真】その他の写真を見る


 コンサート終盤、「これからも皆さんのお力をお借りしながらいろんな夢をかなえていきたいと思っています。その中で自分に厳しくしたく、一つ自分の中で決めたことがあります」と切り出すと「私、岩佐美咲は、AKB48を卒業します」と発表した。

 1000人の観客がどよめくなか、「泣きたくなかったんですけど…」と涙ぐみながらも「AKBだから応援してくださっている方が多く、辞めると厳しい状況になることはわかってるんですけど、演歌の道一本でやっていきたいという意思が演歌を歌わせていただくたびに強くなってきて、この決断をさせていただきました」と説明し、「AKBを辞めてからが本当のスタートライン。これからも応援してくださったらうれしいです」と呼びかけた。

 念願のソロコンサートには、昨年卒業した同期の松井咲子がバースデーケーキを持って登場。「咲子さんのピアノで歌うのが夢でした」という岩佐は、松井のピアノ伴奏で「履物と傘の物語」「翼をください」を歌ったほか、ギターの弾き語りにも挑戦し、「涙そうそう」「なごり雪」のカバーを披露した。卒業発表後、ラストはデビュー曲「無人駅」を歌いあげて締めくくった。

 岩佐は2008年12月に『AKB48第7期研究生オーディション』に合格。10年6月に派生ユニット「渡り廊下走り隊7」に加入し、12年2月にはAKB初の演歌歌手としてソロデビュー。3rdシングル「鞆の浦慕情」(14年1月発売)で自身初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得。10代の演歌歌手としては27年ぶりの快挙を達成した。今月6日には5枚目のシングル「ごめんね東京」を発売したばかり。



関連写真

  • 初のソロコンサートでAKB48卒業を発表した岩佐美咲
  • 同期でOGの松井咲子がパースデーケーキを持ってゲスト出演(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサートで全21曲を歌い上げた岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサートでAKB48卒業を発表した岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサート後、取材に応じた岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサートでAKB48卒業を発表した岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサートで同期でOGの松井咲子(左)の伴奏で歌う岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサートでAKB48卒業を発表した岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサートでAKB48卒業を発表した岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)
  • 初のソロコンサートでAKB48卒業を発表した岩佐美咲(30日=東京・浅草公会堂)

オリコントピックス