• ホーム
  • 芸能
  • 内田理央、斎藤工主演ドラマに出演 『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

内田理央、斎藤工主演ドラマに出演 『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

 女優・内田理央が、俳優の斎藤工が主演する日本テレビ系連続ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(毎週日曜 後10:30)の第4話に出演することが31日、わかった。

 同ドラマは人気小説家・有栖川有栖氏の代表作『火村英生』シリーズを初実写化。殺人事件の捜査協力をする犯罪学者・火村英生(斎藤)と友人の推理作家・有栖川有栖(窪田正孝)がタッグを組み、難事件を解決する。

 今回内田は、何者かに殺害された有名宝石商・堂条秀一(岩城滉一)の秘書・鷺尾優子役で、堂条の弟と共に事件の第一発見者。事件を追う一方で、優子を理想の女性として気にかけている有栖が、彼女だけに自分の過去を語るという場面があるなど、同回で重要な役どころとなる。

 出演決定をうけて内田は「今期、とても楽しみにしていたドラマだったのでゲストでの出演が決まった時はとてもうれしかったです」と喜び。自身の役どころについて「男性から好かれ女性からも嫌に思われない女神のような役。年齢設定も私自身より上だったので、子供っぽくぶりっこにならないよう気をつけました」と紹介。

 現場では「斎藤さん窪田さんをはじめ、皆さんが一丸となっていい作品を作ろうとする和気あいあいとした雰囲気で、短い期間の撮影でしたがとても楽しかったです」と振り返り「いろんな人物を魅了する鷺尾優子が、事件とどう関わっていくのか、皆さん是非ご覧ください!」と呼びかけている。



関連写真

  • 『臨床犯罪学者 火村英生の推理』に出演する内田理央
  • 『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第4話場面写真

オリコントピックス