• ホーム
  • 芸能
  • 波瑠、朝ドラ後初連ドラ 嵐・大野に一目惚れされるヒロインに抜てき

波瑠、朝ドラ後初連ドラ 嵐・大野に一目惚れされるヒロインに抜てき

 女優・波瑠が、大野智が主演する日本テレビ系連続ドラマ『世界一難しい恋』(毎週水曜 後10:00※4月スタート)でヒロイン役に抜てきされた。現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』(月〜土 前8:00 総合ほか)で主人公・あさを演じる波瑠は、朝ドラ後初連ドラに出演。自身初のラブコメディーとなる今回、大野演じるホテルの変人の若社長に一目惚れされる恋のお相手役に起用された。

 同ドラマは横浜を舞台に、見た目も一応カッコよく仕事もバリバリこなし、一見非の打ちどころのないセレブだが「客を満足させる才能は天才的であるが、女性を喜ばせる才能は1ミリもない」という主人公・鮫島零治(大野)が、波瑠演じる中途入社社員・柴山美咲に恋をして成長していく…というストーリー。

 大野の印象について「とってもアートな方という印象。歌って、踊って、とっても多彩な方というイメージ」と語る波瑠。大野同様、ラブコメ初挑戦となるが「わからないことだらけで、手探りなことが多いですが、自分が楽しんで演技して、みなさんが恋したくなる気持ちを応援できるドラマにしたいと思うので、ぜひ楽しみに待っていてください」と呼びかけている。

 一方で「“仕事が恋人”というのは、こういうことなんだなって実感している最中ですが、この仕事の充実する時間をなくしてまで恋愛したいと思えません」と自身の恋には消極的。理想の相手については「自分の時間を楽しみつつ、趣味だったり、好きなことを一緒に楽しめる人がいいなって思います。あとは、ザ・デートスポットのような遊園地とかに出かけたことがないので、定番とされるデートがしてみたいです」と思い描いた。

 波瑠の起用理由について櫨山裕子プロデューサーは「圧倒的な清冽(せいれつ)さを持ちながらどこか神秘的な波瑠さんのたたずまいは、今回の主人公の恋の相手のキャラクターにどんぴしゃ」と自信満々。「朝ドラとは一味違う、彼女が本来持っている女優としての特質を、このドラマでは全開にして思い切り主人公を翻弄していただきたい」と期待を寄せる。朝ドラを経た波瑠の成長ぶりも見どころになりそうだ。



オリコントピックス