• ホーム
  • 芸能
  • 水木しげるさん、お別れの会しめやかに 妻・布枝さん「夫は自然体だった」

水木しげるさん、お別れの会しめやかに 妻・布枝さん「夫は自然体だった」

 昨年11月30日に多臓器不全のため亡くなった水木しげるさん(享年・93)の『お別れの会』が東京・青山葬儀所で行われる1月31日、会に先立ち、妻の布枝さん、発起人代表の作家・荒俣宏氏、発起人の作家・京極夏彦氏が故人への思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


 水木さんの短編漫画『丸い輪の世界』をイメージした祭壇には、ユリ、ストレチア、ダリアなどの花で彩られ、2010年に生誕88年を記念して出版された『屁のような人生』(角川書店)の口絵写真が遺影として使用された。戒名は「大満院釋導茂(だいまんいんしゃくどうも)」。

 布枝さんは「夫は自然体だった。一生懸命に生きてきて、今日までひたすら努力して作品にかける意気込みはすごかった」と生前の水木さんの様子を明かし「(結婚生活は)本当に楽しかったです。みんないい思い出です。53年間ありがとうございました」と涙ながらに話していた。

 水木さんは1922年、鳥取県境港市生まれ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受け左腕を失うも復員後紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。代表作に『河童の三平』『悪魔くん』など。1991年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章などを受章。2010年には文化功労者にも選ばれている。



関連写真

  • 水木しげるさん『お別れの会』に出席した(左から)発起人の作家・京極夏彦氏、妻・水木布枝さん、発起人代表の作家・荒俣宏氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 妖怪に囲まれた水木しげるさんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • 祭壇の横には鬼太郎の像
  • 祭壇の前には「妖怪ポスト」 (C)ORICON NewS inc.
  • 水木しげるさんの祭壇
  • 水木しげるさんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • 水木しげるさんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • 水木しげるさんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • 弔辞を読んださいとう・たかお氏
  • 弔辞を読んだ松田哲夫氏
  • 弔辞を読んだ野沢雅子
  • あいさつをする武良布枝さん
  • 発起人代表の荒俣宏氏
  • 水木さんの作品をイメージした食事

オリコントピックス