• ホーム
  • 芸能
  • 武田真治、ゲス不倫騒動意識「三角関係はマズい」

武田真治、ゲス不倫騒動意識「三角関係はマズい」

 俳優の武田真治が29日、都内で行われた東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『日本のヴァイオリン王〜名古屋が生んだ世界のマエストロ 鈴木政吉物語〜』(2月14日放送 後4:05〜)の記者会見に出席した。

 幕末の安政六年、名古屋に生まれたヴァイオリン王・鈴木政吉氏の生涯を描いた同ドキュメンタリードラマ。三味線作り職人から転身し、独学でヴァイオリン作りに励み、現在も名古屋市にある『鈴木バイオリン製造(株)』を創設。日本のヴァイオリンブームをけん引した男の生き様を描く。

 また、鈴木氏は2人の妻と同居し、9男4女をもうけた型破りな男でもある。主演を務め、鈴木氏を演じた武田は「タイムリーですよね」とベッキーゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫騒動を引き合いに出し「今の御時世がこういうことになってるので、(劇中の)三角関係はマズいのでは」とぶっちゃけ、笑わせた。

 さらに「きょうは政吉の生き様を肯定していきたい」と前置きすると「政吉はきっと、ロマンスがありあま…」と意味深発言。劇中で妻を演じる笛木優子中村ゆりが放送日にちなんで“世界に一つだけ”のヴァイオリンチョコをプレゼントすると「今、世界に一つだけの話は控えさせていただきたい…」と“舌好調”ぶりだった。

 奔放トークで何度も会見場を沸かせた武田だが、最後には「きょうは、ふざけすぎてしまった…」と反省。「偉大な素晴らしい役をやらせていただいて、役者冥利に尽きました。内容は非常に素晴らしく、色々な愛の形が表現されています」と最後はしっかりアピールしていた。



関連写真

  • 主演作会見で“舌好調”だった武田真治 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)笛木優子、武田真治、中村ゆり (C)ORICON NewS inc.
  • 記者会見の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス