• ホーム
  • 芸能
  • 菜々緒、「カラロス」の書き込み「うれしい」 ドラマ賞助演女優賞

菜々緒、「カラロス」の書き込み「うれしい」 ドラマ賞助演女優賞

 オリコングループのoricon MEが発行する『コンフィデンス』主催、主な国内ドラマを対象に有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の各賞が28日発表され、モデルで女優の菜々緒が助演女優賞に選ばれた。

 『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(関西テレビ・フジテレビ系)で演じた殺人鬼・橘カラを演じた菜々緒は、主演の松坂桃李演じる機動捜査隊(通称:キソウ)の捜査員・里見偲を相手に、激しいアクションシーンをたびたび披露し、話題になった。

 審査員からも「これまでの日本人にはない独特な存在感でドラマを盛り上げた」(スポーツニッポン 文化社会部専門委員・牧元一氏) 、「キャラにとにかくはまっていた。演技うんぬんよりも、まさに『カラ』役を地でいっていると思わせた。今後は悪女以外で真価が問われる」(日本経済新聞文化部記者・赤塚佳彦氏)、「悪女役を完全に自分のものにした。主役を食うほどの存在感に驚かされた」(スポーツ報知文化社会部記者・有野博幸氏)などと推す声が挙がった。

 今回の賞を受けて菜々緒は「大変光栄です。こんなに支持される悪役なんて今までにいたでしょうか。この作品で演じたのは、これまでの次元には収まらないほどの悪役で、しかもこの役がいないとストーリーが成立しないという大役。撮影は、主役を喰うつもりの意気込みと『絶対嫌われるだろうな』との覚悟で臨みました」と述懐。

 放送終了後も、菜々緒のSNSには「カラロスです」「『サイレーン』ロスです」「続編を」といった書き込みがあるといい、「皆さんから高い評価と応援をいただいています。本当に、本当にうれしいです。観てくださった方の記憶に、これほどまで印象を残せたこと、すごく自信になっています。これからもいろいろな役に挑戦していきたいと思います。どうぞご期待ください」と大きな励みになっているようだ。

 第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の審査対象は、昨年10月期のNHK、民放各社、WOWOWで放送されたドラマ計28作品。オリコングループの調査システム「オリコンモニターリサーチ」の登録者を対象とした視聴者満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果をもとに、ドラマに関連する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ担当者(審査員)による意見交換・投票を行い、今年1月上旬に開催された審査会によって選定された。

■第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』
作品賞:『下町ロケット』(TBS系)
主演男優賞:濱田岳(テレビ東京系『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』)
主演女優賞:新垣結衣(日本テレビ系『掟上今日子の備忘録』)
助演男優賞:滝藤賢一(NHK総合『破裂』)
助演女優賞:菜々緒(関西テレビ・フジテレビ系『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』)
脚本賞:石井裕也・登米裕一(TBS系『おかしの家』)
新人賞:浜辺美波(フジテレビ系『無痛〜診える眼〜』)



オリコントピックス