• ホーム
  • 芸能
  • 『少年アシベ』アザラシの“ゴマちゃん”天てれアニメで復活

『少年アシベ』アザラシの“ゴマちゃん”天てれアニメで復活

 ゴマフアザラシの赤ちゃん・ゴマちゃんと小学1年生の芦屋アシベたちの交流を描いた『少年アシベ』のアニメが復活する。『少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん』のタイトルで4月5日よりNHK・Eテレの夕方、天てれアニメ枠(毎週火曜 後6:45〜6:54)で放送される。

 1988年より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載された森下裕美氏のギャグ漫画が原作。1991年から93年にかけてアニメが放送され、愛くるしいゴマちゃんが大きな人気を博しゴマフアザラシブームを巻き起こした。

 原作者の森下氏は「映像化に関わってくださった多くの方々の努力のおかげで、ゴマちゃんが再びテレビの中を動き回るかと思うと、作者としてとても幸せです。ずっと少年アシベの漫画やゴマちゃんのヌイグルミを大事に持っていてくださったファンの方、これから初めてゴマちゃんに会う小さな子どもたち、どうぞヨロシクお願いします」と喜びのコメントを寄せている。

 監督は『ケロロ軍曹』をはじめ数多くのアニメ作品で監督や演出を務めた経験を持つ近藤信宏氏、シリーズ構成は竹内利光氏、アニメーション制作はブリッジが手がける。

■登場キャラクター

ゴマちゃん:ゴマフアザラシの赤ちゃん。周囲からアイドル的な存在としてかわいがられている。好きな食べ物は魚介類。宿敵は近所の子猫。

芦屋アシベ:小学1年生の少年。ゴマちゃんの飼い主。初対面でも打ち解けられる明るい性格で、聞く者が驚くほど声が大きい。



タグ

オリコントピックス